ふるさと納税のデメリットがあっという間に解決するふるぽって?

ふるさと納税の手間もふるぽにお任せ


それではさっそく、ふるぽを見ていきましょう!
「ふるさと納税ってもう少し便利にならないかな」
約10年前に始まったふるさと納税。
前に数回申請したことある!という方や毎年ふるさと納税をしているよという方も多いのではないでしょうか?
自分の好きな地域に寄付して特産品が受け取れるので素敵な制度ですよね。
私も3回ほどふるさと納税をしたことがあるのですが実質2000円で寄付した地域からお米やお肉、
お魚などのお礼の品が届くので”たった2000円で日本各地の美味しいものが食べられるなんて、
なんていい制度なんだ!”と当初思っていました。
でも実際に何度か使用してみると意外と面倒くさいかも?と思うように。
活用したことがある方はわかると思いますがふるさと納税って意外と特産品を選ぶ時間がなかったり
所得税控除のために確定申告をしなければいけなかったりちょっと使いづらいな、って部分ありますよね。
でもそんな”使いづらい”を100%無くしてしまう方法を見つけてしまいました・・・!
今回はそんなふるさと納税の使いづらい!を克服する解決方法をご紹介したいと思います。

今更だけど、ふるさと納税ってどういう仕組みなの?


今まで何度かふるさと納税を活用していてもどういう仕組みなのか、
と言われるとあまりピンときませんよね。本題に入る前にふるさと納税について説明させてもらうと、
もちろん”納税”というくらいなのでもちろんただの寄付(ボランティア)ではありません。
従来、住民税は今住んでいる自治体に支払いますよね。でもふるさと納税では
自分で自治体を選びお金を寄付します。すると全額ではありませんが
翌年の住民税が寄付分に応じて控除される仕組みです。一般的に寄付した金額に
あとプラス2000円の住民税を支払えばいいと言われています。
少し語弊はありますが分かりやすく一言で言うと、住民税を支払う自治体を
選べる制度というイメージですね。そんなふるさと納税の最大の魅力は
寄付した地域からのお礼の品。ふるさと納税では、寄付した金額に応じて
住民税が控除されるだけではなく寄付先の地域からお礼の品として様々な特産物が受け取れるんです。
その途端すごく魅力的に聞こえてくるので不思議ですね(笑)
例えば、鹿児島県の曽於市にふるさと納税をした場合、特産物である鹿児島黒豚や
鹿児島黒牛のお肉がもらえたり・・・!もちろん、寄付した金額に応じて
受け取れる品も変わってきますがそれでも実質2000円ですからね、そりゃ話題にもなります。

もっとゆっくり特産品を選びたい・・をかなえるサイトがあった!!


そんなふるさと納税は基本的にサイトを通して特産品を選ぶ形になります。
大雑把に言うとふるさと納税をしたい!→ふるさと納税のサイトにアクセス→
寄付したい地域や受け取りたいお礼の品を選ぶ→手順に従って寄付する→お礼の品が届くという流れです。
ふるさと納税のサイトも複数あるのですが今特に注目されているのがポイント制のサイトのふるぽ。
「んポイント制?どゆこと?」実はこのポイント制はふるさと納税のあるデメリットを
解消する素晴らしい仕組みなんです。ふるさと納税は通常、寄付をしたら
その年中に受け取りたい特産品を選ぶ必要があったのですが、
特に12月などギリギリのタイミングで申請した場合「もっとゆっくり決めたいのに・・・」
”わかるー!”という方も結構多いのではないでしょうか?これがいわゆる
駆け込み需要というやつなのでしょうか、実は12月がふるさと納税の申請が最も多いんです。
でもそのタイミングで申請するとお礼の品をゆっくり選んでいる暇がないので下手すると
「ちょっと!私これがいいって言ったのに何で勝手に決めちゃったの!」
「だって時間がないからしょうがないだろ!」なんて夫婦喧嘩の火種にもなりかねません。
というのは冗談ですが(笑)私もふるさと納税をついうっかり後延ばしにして気づいたら年末・・やばい!
と思って焦って申請した記憶が。



あまりじっくり選んでいられなかったのでもうちょっといいもの選べばよかったな・・・
と後悔した経験があります。でもポイント制ならその心配も全くなし!
どういうことかと言いますと、ふるぽを通じて寄付をするとサイトに
ポイントが寄与される仕組みなのですが、実はポイントはいつでも特産品に交換可能なんです・・!
つまり、従来よりも選ぶ猶予をずーっと伸ばすことができるんですね。
これだけでも十分に魅力的ですが、実はふるぽにはもう一つ最大のメリットが。
それがお礼の品として旅行が選択できること。実はふるぽを運営しているのはJTB西日本。
思いっきり旅行会社です。ということは・・・そう!実はふるぽ限定の
旅行やツアーも”特産品”として選べちゃうんです(もはや特産品と言っていいのかどうかわかりませんが(笑))
例えば
・鎌倉市で二十歳の撮影プランや
・本州最南端!串本でマリンレンジャー(ダイビング)を楽しもう!
・ふるさと納税でガルパンの舞台茨城大洗長に行こう!
などなどユニークなプランがたくさんあるので「寄付したのはいいけど、
欲しかった特産品が品切れみたい・・」「この地域、ちょっと旅行で行ってみたかったんだよね」
なんて時にはまさにピッタリ。私自身、最初はカニが好きだからと
完全にもの目当てで選んでいましたが(笑)後日受け取った特産品を食べてみて
「こんなに美味しいカニがあるなんて・・この美味しいカニが取れる場所ってどんなところなんだろう。
今度行ってみたい(そして現地でカニ食べたい)」と特産品を通じてその地域自体に興味を持つように。
私の場合は自腹で行きましたが、お礼の品といて旅行も選べるなら
その制度は絶対利用したほうがいいですし、むしろ私が利用したいです(笑)

あの面倒くさい確定申告、もうしなくてもいいんです


「ふるぽをを使うとふるさと納税のデメリットを解消できるんだ。
じゃ、あとは心配ないな」ちょっと待ってください!確かにふるぽを活用することで
ふるさと納税の幅の幅がグンと広がりますが、実はあともう1つ、
ふるさと納税においてすごーく厄介な部分が残ってるんです。
それが控除を受けるための確定申告。通常、ふるさと納税の寄付をした際、
住民税の控除を受けるために確定申告が必要でした。でも、私も行ったことがあるのですが
確定申告ってすごく面倒くさい!!仕事があるので土日しか行けない・・
かといって土日はすごく混んでて手続きに時間がものすごくかかる・・
やだな、行きたくないな、面倒臭いなと後延ばしにしてるうちに申請し忘れそうになったことが(笑)
ふるさと納税自体は素敵な制度なんだけどなぁここが面倒臭いんだよなぁ・・・そんな時でした。
私がそんな手間さえを省けることを知ったのは。それがワンストップ特例制度。
実はこの制度を利用するとあの超絶面倒臭い”確定申告”をしなくても済むんです!!
この制度の利用方法はいたって簡単。寄付をする際に一緒に自治体に申請用紙を送るだけ。
以上!この制度は私にとってすごく衝撃的でした。
”今まで確定申告が億劫でふるさと納税をしない年があったけど、それがなくなるなら毎年するよ!!
もっと早く知りたかったけど(涙)”と、それ以来は毎年ふるさと納税で特産品をゲットしてます(笑)

まとめ


自分の好きな場所に寄付ができ、しかもお礼の品までもらえちゃう素敵な制度のふるさと納税。
選べる特産品の幅もサイトを通すことで広がっていますしワンステップ特例制度を
活用することでさらに気軽に利用出来きますね。ふるさと納税ってなんだか
今まで自分が知らなかった日本の魅力を再発見できますし何より
地域社会に貢献できるので個人的にすごく広まって欲しおな、と思う制度です。
ふるさと納税を利用して新しい発見を見つけてみるのも楽しいですよ。



商品一覧

商品詳細

sdkjchalcfhlusdfjkfcnasclmfalschslafcmjhsalknclfjksancahjkcmfsaljmfhsalkmlsa