松井証券のネットストック口座が株取引で欠かせない理由とは?

松井証券はおトクなサービスがいっぱい!その活用法とは?


それではさっそく、松井証券を見ていきましょう!


ネット証券会社ながら、大正7円創業と老舗の松井証券。一般にはあまり知られていませんが、
投資家の間では独自のおトクなサービスがあることで有名な証券会社です。
今回はそんな松井証券をどのように活用すべきかをご紹介していきます。

松井証券のネットストックとは?


松井証券を利用するとなったら、まずは「ネットストック口座」を開設する必要があります。
「ネットストック口座って一体・・・?」と思った方も多いんじゃないでしょうか。
私も初めて聞いた時は、何か特別な口座か何かだと思いました(笑)
実のところ、ネットストック口座とは松井証券の証券口座の名前です。
聞きなれない名前ですが、他の証券会社の口座と基本的には同じものとなります。
ネットストック口座を開設すると現物取引や米ドルMMFなどの取引が可能になりますが、
信用取引や先物取引、投資信託などを利用するためには別途開設手続きが必要です。
口座開設は松井証券の公式サイトから申し込むと、最短4日で開設できます。

松井証券のメリット


株式取引で確実に利益を上げるためには高く売ることは言うまでもないことですが、
もう一つ大切なことがあります。それは、売買に掛かるコストをできる限り抑えることです。
株取引をすれば、少なからず証券会社に手数料を払わなければいけません。
実は、ここに松井証券が持つ大きなメリットが・・・。一体何かと言うと
1日の株取引の約定金額が10万円以下の場合は、手数料が全て無料になるんです!
高額の取引で利益額も大きければ手数料はあまり気にならないかもしれませんが、
少額取引となると話は別です。当然利幅も小さくなるので、手数料が
利益額に与える影響は大きくなりますよね。なので、10万円以下の銘柄は
松井証券で取引することをオススメします!



松井証券のデメリット


1日の取引金額が少なければ圧倒的なメリットを持つ松井証券ですが、
一方で高額取引となると一気にデメリットが出てきてしまいます。
と言うのも、10万円を超える売買の手数料は他のネット証券と比べると圧倒的に高いんです。
例えばGMOクリック証券は20万円以下のならば手数料は98円ですが、
松井証券はと言うと、なんと300円。その差3倍以上と、かなりのコストになります。
ですので、やはり松井証券は高額取引には使用せず、少額専用にするのがベスト!
株式投資をする際はいくつかの証券口座を上手に使い分けていきましょう。まとめ
いかがでしたか。松井証券のネットストック口座は高額取引には向きませんが、
少額ならどの証券会社にも負けない強みを発揮してくれます。
うまく利活用すればあなたの協力な味方になってくれるはずですよ!





商品一覧

商品詳細

Portrait of happy female colleagues accounting in office