スポンサードリンク

三井住友信託銀行で始める投資信託

 

 

 

Portrait of elegant businessmen handshaking in conference hall

突然ですが、あなたは三井住友信託銀行の口座をお持ちでしょうか。

三井住友銀行の口座はあっても信託銀行となると持っている方はかなに少ないかもしれませんね。

日頃、生活しているとなかなか利用する機会がないですが、

将来の資産形成や相続といったことになると頼りになるのが三井住友信託銀行です。

今回は、そんな三井住友信託銀行についてご紹介していきます。

三井住友信託銀行で資産運用

「年金もあてにならないし、将来の準備は自分でしないと・・・」そう思ってはいるものの、具体的に何をすればいいかってわからない部分も多いですよね。資産運用するにしても専門的な知識もないし、不安が募るばかり。でも、そんな時に頼れるのが三井住友信託銀行なんです。資産運用する上で、三井住友信託銀行を選ぶメリットは主に2つあります。

1つ目は、信託商品の種類がかなり多いことです。株式や債券はもちろん、不動産や信託銀行独自の預金口座など色々な方法で資産運用することで、リスクも分散することができるんです。万が一、株式で損が出ても、他の金融商品でしっかりカバーすることが可能です。

2つ目に、金融の専門家が資産運用に関する相談に乗ってくれることです。金融の専門知識がなくて不安に感じているかもしれませんが、三井住友信託銀行なら知識豊富なプロが窓口はもちろん、電話やインターネットでも疑問に答えてくれます。三井住友信託銀行なら自分の大切な資産を安心して任せられるはずですよ!

三井住友信託銀行の住宅ローン

新築の一戸建てってやっぱり憧れますよね。でも、購入するとなるとかなりの資金が必要になります。そうなると検討するのが住宅ローン銀行を始め色々な金融機関が用意していますが、実は三井住友信託銀行でも住宅ローンを借りることができます

でも、他の金融機関の受託ローンと何が違うの?と思いますよね。三井住友信託銀行なら金利が他の金融機関に比べて低く設定されているんです。一体どれほど低いのか、三菱東京UFJ銀行と比較してみます。

例えば、20年ローンを組む場合、三菱東京UFJ銀行の金利は2.4%です。一方の三井住友信託銀行はというと0.87%。約1.5%の差ですね。たかだか1.5%と思うかもしれませんが、仮に3,000万円のローンを組んだとしたら金利の差額だけで45万円!ゆうに1ヶ月分の給料くらいになってしまいます・・・。

その点からいうと、三井住友信託銀行は若い世代でも借りやすい金利設定と言えるので、利用しやすいと思います。

三井住友信託銀行のデメリット

お金の不安を解決できて、住宅ローンも低金利で利用できる三井住友信託銀行。あえてデメリットを挙げるとしたら、「敷居が高く思えてしまう」ことでしょう。

信託銀行は、資産を預かって運用する信託業務を行う特殊な銀行なので、なかなか日頃、お世話になることがありません。その上、普通の銀行と比べると店舗数も圧倒的に少ないので、どうしても馴染みのないものになってしまうんです。

ですが、先ほども触れたとおり電話やインターネットからでも気軽に相談ができるので、まずは一度相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。普段は付き合いのない三井住友信託銀行ですが、資産運用や住宅ローンではとても頼りになる存在だと思います。自分の大切な資産を守るためにも、三井住友信託銀行はオススメです!

よくある質問はこちら

www.smtb.jp/Q&A

商品・キャンペーンのご案内・各種パンフレットのご請求はこちら

0120-977-641

スポンサードリンク

商品一覧

商品詳細

Portrait of elegant businessmen handshaking in conference hall