スポンサードリンク

借りるならどっち?消費者金融と銀行のキャッシングを徹底比較

 

 

 

Happy African man in suit with money in hands sitting on bed with open mouth in hotel room

みなさんは経済的に苦しい時、どこからお金を借りていますか?

おそらく、消費者金融のキャッシング。

もしくは、銀行カードローンを利用したキャッシング、どちらかを利用されると思います。

では、どちらを利用した方が良いのか悩みどころですよね。

そこで、今回は消費者金融と銀行のキャッシングをそれぞれ比較して説明します。

早くお金がほしい!消費者金融のキャッシングの魅力

まずは消費者金融の方から説明していきましょう。

みなさんもよくご存知のアコムやアイフルがそうですね。そうした消費者金融の一番の魅力は何といっても審査から融資を受けるまで流れがとても早いことです。ある賃金業者では最短30分で審査が終わるところも。さらに、即日融資が可能という点も大きな魅力の一つです。

そのため、「急にまとまったお金が必要になった。」「飲み会が重なって給料日まで待てない」という方には消費者金融のキャッシングがもってこいです。

わたしも会社で働いていた時はよくお世話になりました。すぐに審査から融資まで1時間もあれば十分だと感じるくらいです。最初はこの早さに驚きましたが、慣れるといつでも気軽に借りれるので便利ですね。

いっぱい借りたい!銀行カードローンのキャッシングの魅力

続いて、銀行カードローンについて見ていきましょう。

銀行カードローンを利用されている人はお分かりいただけると思いますが、大きなメリットは金利が低いということです。そして、金利が低いということは、借入金が多ければ多いほどお得になります。こちらは特に「大金が必要になった」「利息は低い方がいい」とお考えの方にぴったりですね。

また、消費者金融と違って銀行カードローンは総量規制の対象外です。総量規制とは「年収の3分の1以上のお金を借りることができない」というルールです。ただしこれは消費者金融向けのサービスなので銀行は関係ありません。そのため消費者金融以上にたくさんのお金を借りることが可能です。

わたしの友人もお金がいっぱい借りれるからと銀行カードローンをよく利用しています。お金があればほとんどのものが手に入る時代、たくさんお金を借りれるのは魅力的ですよね。

忘れたらダメ!お金を借りる時の注意点

さて、ここまで両方の魅力について説明してきましたが、もちろんお金を借りるということはそれなりにリスクがある行為です。しっかり計画を立てて返済していかなければいけません。借りたお金は雪だるま式にどんどん膨れ上がり、最悪返しきれない状況に陥る危険性があります。

わたしの身内でお金を借りすぎて多重債務になり、最悪自殺までしかけたことがあります。お金を借りることのリスクをしっかり理解した上で、こうしたキャッシングも利用していってくださいね

まとめ

いかがでしたでしょうか。

みなさんが思っている以上にお金を借りるということには大きな責任が生じます。

最後に衝撃的な例を出してしまいましたが、キャッシングもうまく使えば普段手に入らないものもゲットすることができるので、要はみなさんの使い方次第です。

みなさんがキャッシングをうまく利用されることを心から祈ります。

アイフルの公式サイトはこちら

https://www.aiful.co.jp/

スポンサードリンク

商品一覧

商品詳細