「いきなり英語で!」も大丈夫。英語が苦手でも”っぽく”できちゃう翻訳サイト攻略法

 

 

Worried businessman sitting at the table and reading papers over gray background

「え、いきなり英語でメールなんて・・・」グローバル化が進み、ますます英語が重要になってきている現代社会。

それに伴い、幸か不幸か英語を使う場面って最近すごく多いですよね。

学生なら英文で資料をもらったり、ビジネスマンなら英語でのメールのやり取り、なんて今や珍しくありません。

でもいきなり”英語で”と言われたって戸惑うのは当然。

今回はそんな英語に不安を感じている人に使っていただきたいオススメ翻訳サイトをご紹介します。

 

Yahoo翻訳は英文資料の強い味方

「この英語の書類、全然意味を把握できない・・」海外とのやり取りがある仕事では、英語の資料をもらうシーンだって多いですよね。かといって誰しもが英語が得意というわけでもなく・・むしろ苦手な方にとっては”なんで英語なの!?”と資料を読むことさえ苦痛に。

そんな時にオススメしたいのがYahoo翻訳です。一見Yahoo翻訳は、良くも悪くも”普通”の翻訳サイトですが、実はそんなYahoo翻訳にプレミアム機能がつけられるってご存知でしたか?

 月額500円のプレミアム翻訳ではなんとOffice文章の翻訳にも対応してくれるんです・・!これなら英語の文章はもちろん、日本語→英語に書類を書き直したい時も安心。様々な専門用語にも対応可能なので、まさにビジネスマンの強い味方です。

 

エキサイト翻訳で専門用語も怖くない

続いてご紹介するのは翻訳サイトの先駆者エキサイト翻訳です。先ほどのYahoo翻訳は特にビジネスマンの方にオススメできるのに対し、こちらのエキサイト翻訳は学生さんにぴったりのサイトなんです。エキサイト翻訳は英語や中国語、フランス語など幅広い言語に対応しているのが特徴です。

そんなエキサイト翻訳の最大の強みが”専門性”。エキサイト翻訳は”工学系””理学系””芸術系”などの翻訳分野も可能なのでその分野に一番適した翻訳をしてくれるんです。例えばinterestのように1つの単語で複数の意味を持つ単語ってありますよね。interestの通常の意味は”関心”という意味ですが、会計の分野では”利子”という意味でも使われます。このようにジャンルに応じて翻訳してくれるので、英文の資料をもらうことが多い大学生さんはまさに重宝するサイトですね。

 

個人的オススメ活用法

筆者は大学時代に英語圏に留学していた経験があるのですが、その時に翻訳サイトにはよくお世話になりました。なのでここでちょっとオススメの翻訳活用方法をご紹介したいと思います。翻訳サイトって確かに便利ですが、未だに使いづらい部分もあります。

特に「誤訳」は目に余るものありますよね。なのでそこを加味しながらうまく活用するのが大切です。そんな翻訳サイトを使う上での最大のポイントは文章をシンプルにすること。日本語から英語に翻訳する時は、「私は、りんごが欲しい。」などのように英語に翻訳しやすい簡単な文章、文法にすることを意識していました。また英語を日本語に翻訳する時は、複雑そうな文章も幾つかの短い文章に直して翻訳するとうまくいくことが多かったです。イマイチ翻訳サイトを使いこなせない!という方は是非試してみてくださいね。

 

まとめ

好きでも嫌いでも、もはや学校生活でも仕事をする上でも避けられない英語。でも苦手なものは苦手なのはある意味で仕方ありません。一番は地震の英語力を向上させることですが、付け焼き刃的に翻訳サイトに頼ってみるのもアリですよ。

 

商品一覧

商品詳細

Worried businessman sitting at the table and reading papers over gray background