希望通りの働き方、しませんか? 薬剤師の転職事情

 

 

 

team of pharmacist chemist woman and man group standing in pharmacy drugstore

「今の職場、なんだかやりづらい」

薬剤師といえば世間の憧れの職業の1つですが、そんな薬剤師でも職場への不満はつきもの。

「もっと患者さんとコミュニケーションが取れる職場がいい」ですとか

「子供が生まれたから勤務時間を短くしたいな」など、感じたことあると思います。

そんな時はいっその事、転職を検討してみてはいかがでしょうか?

 

薬剤師は転職するメリットが沢山

一般的な転職のイメージは「次の仕事が見つかるまで大変そう」「年収下がるのは仕方ないこと」なんてマイナスのイメージが強いですが、薬剤師には当てはまりません。

さすが国家資格とも言いましょうか、薬剤師”引く手数多”の職業なので自身の希望を叶えるための転職がとってもしやすいんです。なので今の職場の人間関係がちょっと・・ですとか、結婚して子供もできたから働き方を変えたいな、やっぱり地元が恋しいから戻りたい、という希望も叶えられる可能性大。自分の生き方や働き方を選択できるので転職を検討するメリットは大いにあります

 

薬剤師のオススメ転職サイトって?

薬剤師と一言で言っても様々な働き方がありますよね。病院や調剤薬局、ドラックストアなど、働き方の多様性も薬剤師ならではの強みです。ですので転職を検討する際もまずは”どこで働きたいのか”を決めるとことから始めましょう。

というのも転職する際には転職サイトを活用することが多いですが、サイトによってどこへの転職が強いのかが変わってくるんです。例えば大手転職サイトのリクナビでは大手企業への転職が強みですし、日本調剤が運営しているファルマスタッフでは派遣に強い転職サイトです。

ですので「今は調剤薬局で働いているけど企業へ転職したい」という場合はリクナビ、逆に「パートタイムで働き滝から転職したい」という場合はファルマスタッフと目的別にサイトを使い分けると良いですね。

 

薬剤師の平均年収を把握して転職につなげよう

転職する際に職場の条件の次に気になるのが”収入”。いくら自分の希望を叶えるための転職といっても、あまりにも年収に差が出てしまうとちょっとためらってしまいますよね。薬剤師の年収は年齢だけではなくどこに勤めるかによって左右されます

特に病院→ドラッグストアに転職など場所をまたいでの転職の場合はどのくらいの年収を目安に転職したらいいか迷ってしまいがちですよね。目安としてですが、30歳で転職を検討している場合、病院での平均年収は390万、調剤薬局では約410万、ドラックストアでは495万あたりが相場です。またパートタイムで勤務する場合は時給2000円以上を目安にするといいと言われています。もちろんお住まいの地域によって多少の差は出てきますので注意してくださいね。

 

まとめ

薬剤師は他の業種に比べて転職でのデメリットが非常に少ないです職業です。なのでそこは是非薬剤師としての強みを生かしてほしいと個人的に思います。転職サイトを活用する場合はサイトの特徴をつかんで活用するといいですね。ちなみに私の知人は複数の転職サイトを掛け持ちして”いいとこ取り”していました。(笑)是非参考にしてみてください。

 

ファルマスタッフ公式サイトはこちら

www.38-8931.com

商品一覧

商品詳細

team of  pharmacist chemist woman and man  group  standing in pharmacy drugstore