生まれ変わった銀行カードローン!レイクの見どころ

消費者金融から新生銀行のカードローンに生まれ変わったレイクファッションモデルの朝比奈彩さんがシーソーに乗るCMでもおなじみですよね。では、消費者金融から銀行カードローンになってからレイクはどのように変化していったのか。今回は、銀行カードローンとして多くの人に利用されているレイクの魅力をご紹介します。

さすが!消費者金融の良さを引き継ぐレイク

レイクの魅力は、消費者金融と銀行カードローンの良さを両面持ち合わせていることです。

具体的にいうと、通常銀行カードローンでは融資を受けるまでに1~3営業日も時間がかかってしまいますが、レイクではなんと消費者金融と同じで即日融資を受け取ることが可能なんです。びっくりですよね。銀行カードローンとなると普通は与信審査を慎重に行うため時間がかかりますが、レイクはもと消費者金融としての強みをしっかり残しているのです。

また、パソコンからの手続きであれば24時間対応しているので、いつでも融資を受けることができちゃいます。私の友人もこれにはびっくりしていましたね。実際にその友人はレイクから融資を受けるまでにたった50分で十分だったと言っていました。これには私も最初はびっくりしました。早くお金を借りたいという方にとっては、このスピード融資はとても魅力的ですよね。

レイクといったらコレ!2つのプランから選べる無利息サービス

「レイクは融資を受けるまでがとても速いんだ!」と思われたみなさん、いいえ、実はそれだけではありません。レイクの一番の売りをご存知ですか?

レイクといったら、「無利息期間」を選べることで有名なんです。大きく2つに分けられ、1つ目は30日間無利息にするという一般的なサービス。もう一つは、なんと業界最長の180日間5万円まで無利息にするサービスです。すごいですよね。約3ヶ月間、5万円までは利息を取らないこのサービスを受けるためにわたしの友達はレイクを利用しています。しかもこのサービスはレイクにしかない独自のものなので、最初は私もびっくりしました。

ちなみにこの無利息サービスは初めてレイクを利用する人のみが対象となるため、どなたでもサービスの恩恵を受けられます。レイクを利用したい方はぜひ無利息期間をエンジョイしてくださいね。

銀行カードローンだけど…レイクのデメリット

さて、様々なメリットが詰まったレイクですが、デメリットと呼ばれるものもあります。その1つが金利です。

レイクの最高金利は18%で、他の銀行カードローンの金利は14~15%が相場なので、比較的高く感じます。2つ目は、収入のない専業主婦はお金を借りることができないことです。専業主婦も借入できるカードローンは少ないですが、女性専用窓口を設けるレイクだからこそ専業主婦でも借りられるという期待感を持ってしまいがちなので、一応デメリットとしておきました。

もちろん、地方銀行など一部の銀行では専業主婦でも借入できるカードローンはありますので、絶対借入できないわけではありません。その点は安心してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はレイクのメリットとデメリットをざっとご紹介しました。もと消費者金融だけあって、銀行カードローンに変わってもその良さを大事にしているレイクには関心します。

今後もみなさんにとってお得な情報があればその都度発信してきますので、楽しみにしていてくださいね。

よくあるご質問はこちら

lake.jp/Q&A

電話でのお問い合わせはこちら

0120-09-09-24

商品一覧

商品詳細

Portrait of woman holding a card