スポンサードリンク

もうデータを持ち歩く必要なし!OneDriveの魅力とは

 

 

Man and woman in glasses are standing by window and watching something in tablet PC.

「パソコンで作成した資料、スマホで見れたらな」

他のデバイスで作成した資料をどうしても確認したい!

って時ありますよね。

それを可能にしてくれるのがオンラインストレージ。

今回はその一つのOne Driveに迫ります。

 

0neDriveとは

OneDriveはwindows で有名なあのmicrosoftのオンラインストレージです。”オンライン”なのでオフィスドキュメントはもちろん写真や動画をネット上に保存することができます。様々なデバイスからアクセスすることができ、他のユーザーと書類の共同編集も可能。

しかも嬉しいのが、お使いのPCにofficeソフトがインストールされていなくともオンライン上でofficeの機能が使えてしまう所。私はmacを使ってるのでPCにはofficeソフトを入れていませんが、OneDrive上でバッチリ使えているのですごく助かっています。(たまにmacで書類作成をするとwindows上で文字化けしちゃうので・・)

 

OneDriveは使い方も簡単

そんなOneDriveはスマホやタブレット、PCなど様々な媒体からアクセスすることができるのですが、使い方もとっても簡単。まずはインターネット上からOneDriveを無料でインストールします。(スマホの場合はアプリをダウンロード)これで事前準備は完了です。

OneDriveのインストールが完了したらパソコン上にOneDriveのフォルダが表示されるのでそこに保存したいデータをドラッグすればOK。私も使い始める時はオンラインストレージってなんだか複雑そう・・と思っていたのですがデータの移行はUSBを使う時とほぼ同じ感覚で使えるのでPCが苦手な人でも安心ですね。更にOneDriveはデータの共同編集も可能。

イメージとしてはオンライン上で一緒に同じドキュメントにアクセスして同時に編集する、みたいな感じですね。これはOneDrive webサイトにログインすると使用できます。

 

OneDriveの気になる容量・料金は?

いろんなデバイスからアクセスできて、しかOffice機能まで使える・・となると気になるのはその料金ですよね。そんな超高機能なone drive、実は5Gまでなら無料で使えてしまうんです

なので、あまりデータをクラウド上に保存する必要がないけれども、共同編集をしたい!という方や、お使いのPCにofficeが入っていない・・という方はもう使うしかないですね(笑)

もちろんデータをしっかり保存したいという方でも大丈夫。有料プランでも月額170円で50Gまで使えるので、とっても良心的なんです。これなら大切な書類を沢山バックアップしたい!という場合も安心ですね。

 

まとめ

共同編集機能やoffice機能まで付いているオンラインストレージサービスってすっごく嬉しいですよね。皆様も是非活用して快適なビジネスライフを送ってください。

 

よく寄せられる質問はこちら

office.com/Q&A

サポートへの問い合わせはこちら

support.microsoft.com

スポンサードリンク

商品一覧

商品詳細

Man and woman in glasses are standing by window and watching something in tablet PC.