みんなで始めよう!NISAで大きなお小遣い稼ぎ

 

 

 

Back view of happy successful businessman sitting with raised hands and working with computer in office

今では多くの人が利用しているNISA利用者は年々増加していき、2016年3月末までに1,012万以上口座開設されています。

もうやっているよという方は別として、まだやっていない、もしくはNISAって何?

と思われた方、とてももったいないです。

今の日本経済の状況から考えて、今NISAをやった方が将来的に大きなメリットになります。

みなさんが思っている以上にNISAをやる価値は大きいのです。今回は、そんなNISAについてご説明します。

そもそもNISAとは何か?

そもそもNISAとはなにか、ご説明します。

NISAとは、2014年1月から始まった少額投資非課税制度と呼ばれるもので、簡単に言うと「株や投資信託などで出た利益のうちの一定額を非課税にする制度」のことです。そのため、NISA口座で取引をすると税金面で大きなメリットを受けられます。

わたしも、わたしの友人も周りの人間のほとんどがNISAをしています。みなさんも、自分で得た利益のうち手元にお金がたくさん残る方が良いですよね?NISAでは、それが可能なんです。

では、実際どのようなメリットを受けられるのか、説明していきましょう。

未成年もOK!知ったらやめられないNISAの魅力

NISAの大きな魅力は、先ほど説明した通り株式や投資信託で得た利益が非課税になることです。

ですが、もちろんいくら利益を得ても全く税金がかからないというわけではありません。いくらか限度額を設定しないと国も困りますからね(笑)限度額は2016年の1月から「毎年120万円まで」と設定されました。そのため、120万円までの株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金が非課税になります。非課税期間の5年間で最大600万円が非課税に…すごいですよね。

また、NISAにはジュニアNISAという未成年を対象にしたものもあるんです。そのため、学生でも投資信託や株式投資でお金を稼ぐことができるんです。すごい時代になりましたね。ジュニアNISAの方が限度額が年間80万円、5年間で400万円まで非課税になります。

わたしの姉の息子が今年で高校2年生になりますが、知らぬ間にNISA口座を開設して実際に利益を上げています。これにはさすがに驚きましたね。こうした点から、NISAは上級者ではなく初心者向けにあるものですので、どなたでも始められます。

もしかしたらみなさんも数年後にはたくさん稼いでいるかもしれませんよ。

メリットだけじゃない!NISAを利用する上で注意すべきこと

「未成年でもできるなら早速口座開設してみよう!」と思われたみなさん。実は、そんなNISAにも使用上の注意があります。

それは、NISA口座で発生した損失は他の口座で得た利益と損益通算できないことです。簡単にいうと、NISA口座で損失が出た場合には「節税」ができない、ということです。また、発生した損失の繰越もできません。

実際、私の友達がこのことをど忘れしたせいで税金を多く払うはめになりました。正直な話、損失を出さなければ問題ない話ですが、とても難しい話なのでしっかりこの点を押さえた上で挑戦してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

NISAは誰でも始められるため手を出しやすいですが、最後にお伝えした注意点をしっかり理解していないと痛い目にあってしまいます。

みなさんがNISAでどんどん稼いでいけるように今後も記事を更新していく予定ですので、今後ともよろしくお願いします。

ぜひ今回の記事も参考にしてくださいね。

よくある質問はこちら

rakuten-sec.co.jp/Q&A

電話での問い合わせはこちら

0120-41-1004

商品一覧

商品詳細