スポンサードリンク

知ってるようで知らない?!日経平均株価とは

 

 

 

Financial report

テレビでニュースを見ていると必ずと言っていいほど耳にするのが「日経平均株価」という言葉。

皆さんは日経平均株価が一体何か、正しく答えることができるでしょうか。

そこで今回は、「知ってるつもりだったけど、改めて聞かれると何だろう・・・」

そんな方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、誰でもわかるよう、日経平均株価について解説していきたいと思います。

日経平均株価の特徴は?

日経平均株価とは、文字どおり日本の株価の平均のことを言います。ただ、平均と言っても全ての株価の平均というわけでありません。では何の平均かというと、東証1部上場の中から225銘柄を選んで、算出されたのが日経平均株価になります。225銘柄に選ばれているのはトヨタやユニクロ、三井物産や第一生命など日本を代表するような銘柄です。

この銘柄も常に同じものといわけではなく、入れ替えが行われているんです。例えば、野球・サッカーチームスポーツのスタメンは中心選手で構成されていますが、状態が悪くなれば交代させられますよね。日経平均株価の225銘柄もこれと同じで、株価の悪い企業は、良い企業と入れ替えられてしまいます。毎年10月には定期的入れ替えが行われますが、選出されている企業が急遽倒産したり東証一部から外された場合には臨時入れ替えもあります。

私自身、日経平均株価について聞かれて初めて「あ、あんまりわかっていなかった」と気付いた経験がありました。皆さんもせっかく読んでいただいたので、この機会にぜひ覚えておいて下さいね。

日経平均株価リアルタイムチャートはYahoo!ファイナンスで

日経平均株価を知る方法はいくつかあります。もっともポピュラーなのはテレビのニュースだと思いますが、問題点があります。それは「リアルタイム」の情報が見られないということ。当然ですが、ニュースが放送していなければ見ることができませんよね。

そこでオススメなのが「Yahoo!ファイナンス」を利用する方法です。Yahoo!ファイナンスはYahoo!が提供するサービスの一つで株式や外国為替など、金融や経済に関する情報を一挙に見ることが可能。そんなYahoo!ファイナンスでは日経平均株価を色々な角度から細かく見ることができるんです。直近の日経平均株価の詳細を知りたいという場合は詳細情報を見てみて下さい。

ここでは前日終値から今日の始値、終値、高値、安値とポイントごとの平均株価を知ることができます。また、直感的に値動きを把握したいという方にはリアルタイムチャートがオススメです。日経平均株価の値動きがグラフになっているので、1日の値動きが手に取るようにわかってしまいます。しかも、チャートの期間は最短1日から最長1年まで見ることができるのも便利なところ。

日経平均株価の基本がわかったところで、是非一度Yahoo!ファイナンスで日経平均株価のリアルタイムチャートをチャックして見て下さい。

日経平均株価とTOPIXってどう違うの?

日経平均株価とよく似たものにTOPIX(東証株価指数)というものがあります。これも東証一部上場の株式の値動きを知るためのものなのですが、日経平均株価と決定的に異なる点があります。それは一体何かと言うと、日経平均株価が225銘柄だけを対象にしているのに対し、TOPIXは東証一部に上場している全ての銘柄を対象としています。

では、TOPIXが一体何なのかを見ていきましょう。TOPIXは1968年1月4日の銘柄の時価総額を100ポイントとして、銘柄の時価総額を数値化しているものになります。日経平均株価は文字どおり「株価」を表すため単位は「円」を使いますが、TOPIX(東証株価指数)は東証一部での時価総額がどのくらいなのかを示すものになるので、単位は「ポイント」を使います。

まとめ

いかがでしたか?日経平均株価にTOPIXと名前を聞くと何だか難しそうに感じてしまいますよね。ですが、仕組みをちゃんと知っていればそこまで難解なものではないと感じてもらえたんじゃないでしょうか。

 

スポンサードリンク

商品一覧

商品詳細

Financial report