それで大丈夫?大切な荷物の郵送なら郵便局が絶対オススメなワケ。

 

 

 

post-envelope-background_fysvTnDO

「先日の会議のデータ、急遽送ってくれない?」

ビシネスをする以上データのやり取りは必須。

メールやインターネットが普及した今でも

やはり重要書類は紙媒体で送ることも多いですよね。

今回はそんな時に便利な郵便局のサービスを2つご紹介します。

 

荷物だけじゃない。書類や本を送るにもゆうパックが便利

重要な資料となると様々なリスクを考慮して、一番安全で確実な方法で送りたいもの。そんな時は実はゆうパックが便利なんです。ゆうパックって段ボールなどの荷物を送る時に使うサービスだと思われがちですが、実は書類を送るのにも最適なサービス。

ゆうパックではオプションサービスが充実していて、荷物の追跡はもちろん、万が一荷物が届かなかった場合、最大50万円まで補償してくれたりと安心感が違います。(有料オプション)。

さらに受取人を指定することもできるので機密情報などを送る時はとても重宝しそう。レターパックには補償がありませんので、サービスを重視するならゆうパックがオススメです

 

郵便局のEMSで国際郵便も安心

書類の送り先は何も国内に限ったっことではありません。特に海外に子会社を持つようなグローバルな会社だと現地法人との書類のやり取りだって発生します。

そんな時は郵便局のEMSというサービスがぴったり。これはいわゆる国際郵便サービスなのですが、サービスや補償、そした料金という面で他の国際郵便サービスよりも使いやすいなという印象があります。配送料金も1400円からととてもリーズナブルですし、万が一郵便物をなくされた場合でも最高200万円まで賠償してくれたり、追跡サービスも充実

やっぱり海外に荷物を送る時って通常以上にリスクがつきもの。そんな不安をスッキリ解消してくれるのがEMSなんですね。

 

私の郵便局活用法

私は大学時代にカナダ留学していたのですが、実際にこのEMSを使って荷物を届けてもらったことがあります。どうしても急遽必要になった書類を日本から取り寄せることになり、日本にいる母親に送ってもらったのですがその時使ったのがこのEMSでした。

やっぱり国際郵便なので「本当にちゃんと届くのかな?」という不安があったのですが、EMSだと「今〇〇に荷物があるのね、あと〇〇くらいで届くのか」と配送状況もバッチリ把握できちゃうんです。

しかも国際郵便=遅いというイメージがありますが、EMSは本当に早く、届くまでに5日もかかりませんでした。その時は「本当に日本から送ったんだよな?」とちょっと疑心暗鬼になるくらい(笑)大切な荷物ほどスピードが命ですからねやっぱりEMSを使ってよかったなと感じます。

 

まとめ

国内外問わず荷物を送るサービスが充実している郵便局。郵便局っていう安心感もさながら、イメージ以上に通り補償も充実しています。なので特に大切な書類や資料を送る際は私は必ず郵便局を使うようにしています。皆様も是非活用してみてください。

 

 

よくある質問・お問い合わせはこちら

www.post.japanpost.jp/Q&A

商品一覧

商品詳細

post-envelope-background_fysvTnDO