知ってたら便利なレターパック活用法って?

 

「DVDを送りたいんだけど、さすがにゆうパックを使うのも・・何かちょうど良い方法ないかな?」DVDに限らず、服や小物などちょっとしたものを送りたい時ってありませんか?私も先日、母の誕生日に財布を送ったのですがさすがにゆうパックを使うほどでもなく・・そんな時に便利なのがレターパックなんです。

 

レターパックとゆうパックの違いって?

post-envelope-background_fysvTnDO

そもそもレターパックってゆうパックとどう違うの?

 

確かにゆうパックも小さい荷物や書類を送る際にも使いますよね。

 

ただ、ゆうパックが向いている場合とレターパックを使ったほうがいい場合はあるので

 

違いを知るのは大切です

 

ゆうパックとの大きな違いは、レターパックの場合大きな特徴は

 

専用のA4サイズ封筒を事前に購入するところです。

 

事前購入なので全国一律料金かつ、着払いはありません。

 

A4サイズ以上の大きな荷物は対応していませんし、重さも4kgまでと制限があります。

 

その代わりゆうパックが郵便局やコンビニでしか集荷できないのに対し、

 

レターパックはポストへの投函もOK。

 

ただし追跡はできてもゆうパックのように補償はないので、

 

住民票などのそこそこ重要な書類や服や本など極端に高価ではない物品を送る際に適しています。

 

一言で言うとレターパックは手軽さが売りのサービスですね。

 

レターパックプラス&レターパックライト徹底比較

Post card and pen

そんなレターパックですが、実はレターパックプラスとレターパックライトの2種類あります。

 

レターパックプラスは全国一律送料が510円で重さが4kg以内の荷物に対応しています。

 

受け取る際は必ず対面での受け渡しになるので、

 

ゆうパックで送るほどではないけれども、大切なものを送る際に利用したいです。

 

一方でレターパックライトは全国一律360円と少々お安め。

 

その代わり大きさ、重さの制限に加えて厚さが3cmまでという規定があるので、

 

書類やCD,DVDなど薄めの荷物を送る際に適しています。

 

ただしこちらは受け渡しの際は対面ではなくポストへの投函になるので注意してくださいね。

 

私のレターパック活用法

 

私の場合、なんだかんだゆうパックよりもレターパックを使うことの方が多いです。

 

ほとんどの場合何もなければ通常は手元に届きますし、

 

追跡もできるので重要な書類等もレターパックを活用しています。

 

その中でも住民票や戸籍謄本など再発行ができるものはレターパックライト、

 

逆に身元保証書など本人に直接渡してほしい、

 

且つの代えが効かない重要な書類はレターパックプラスと使い分けしています。

 

案外「これはどっちで送りったらいいんだろう?」と迷いがちなので、参考にしてみてください。

 

まとめ

今回は郵便サービスのレターパックについてまとめてみました。

 

こうしてみると案外ゆうパックとの違いってあるんですね。

 

またレターパックでもレターパックプラスとライトでは適している物も変わってきます。

 

皆様もレターパックをご利用の際は是非参考にしてみてください。

 

よくある質問・お問い合わせはこちら

www.post.japanpost.jp/Q&A

 

商品一覧

商品詳細