台風情報チェックしてる?そんな時に役立つサイト3選

 

 

 

Typhoon_200418_SONGDA

「え、明日台風来るの!?」通勤通学の際に気になるのが天気、ですよね。

悪天候の場合は電車が遅延する可能性もあるので、気象情報のチェックは欠かせません。

そんな悪天候の代名詞といえるのが台風。

台風情報の調べ方は様々ありますが、私は基本的にサイトから確認しています。

今回はそんな台風情報を確認する上で役にたつサイトを3つご紹介します。

 

気象庁ホームページでまるで気象予報士気分

台風のこと細かい情報を知りたかったら気象庁のホームページ一択です。さすが気象庁とでも言いましょうか、台風予測経路や暴風域に入る確率など様々な視点からの台風情報が満載。まるで気象予報士が見る資料か!と言いたくなるほど細かい部分まで提供してくれています(笑)なので私は超重要な予定がある日に台風が接近している場合など、事細かに情報が知りたい!という時に気象庁のホームページを確認しています。ちょっと専門的すぎるので見やすさは他のサイトには劣りますが、その分豊富な情報量が魅力です。

 

日本天気協会ホームページはバランスが魅力

今回ご紹介するサイトで一番バランスが取れていると個人的に思うのがこの日本天気協会のホームページ。図解が多くて見やすいですし、日本広域、日本付近、台風付近の3つの範囲が確認できます。なので大まかな経路が知りたい場合でも、はたまた自分の住んでいる場所の情報が知りたい場合でも役立ちます。知りたいデータをすっきりとまとめてくれているので、専門的すぎず、アバウトすぎずちょうど良いなと個人的に感じます。

 

ウェザーニュースでパパッと確認

最後にご紹介するのがウェザーニュース。このサイトの特徴は何と言っても見やすい&分かりやすい。実際に台風の動きが動いて表示されるのでイメージがつきやすく、下の解説もとても分かりやすいんです。例えるなら天気予報士の方に解説してもらっているような感覚です。(笑)3つのサイトの中で一番シンプルで分かりやすいので、時間がない時など台風情報をパッと確認したい時にオススメです。アプリもあるのでスマホでも簡単に確認できるのが嬉しいですね。私が基本的な台風情報を確認する際はこのサイトを使うことが多いです。

 

まとめ

このように台風情報1つとってもサイトによって本当に様々。台風のこと細かい情報を知りたければ気象庁、基本的な情報が知りたければ日本天気協会、パッと要点だけ知りたい場合はウェザーニュースと使い分けができますね。私も時と場合によってこの3つのサイトを使い分けていますが、そうするとその時に知りたい情報をピンポイントで確認できるのでオススメですよ。皆さんも是非参考にしてみてください。

 

 

よくある質問はこちら

weathernews.jp/Q&A

お問い合わせはこちら

weathernews.jp/Contact

 

 

商品一覧

商品詳細

Typhoon_200418_SONGDA