より楽しい旅を!自分に合ったスーツケース選びのポイント

 

 

 

Woman siting and waiting for train

旅行先で大事な荷物を運び、傷害から守るために欠かせないスーツケース

最近では、可愛らしいものや、機能性が向上したものなど工夫を凝らしたものも多く見かけるようになりました。

そのせいか、実際にスーツケースを選ぶときにどれを選べば良いのかわからないと悩む方も少なくないはず。

そんな人たちのために、今回はスーツケース選びのポイントについてご紹介します。

スーツケースはハードタイプか、それともソフトタイプか

スーツケースにはハードタイプソフトタイプの2種類があることはご存知ですよね。では、実際どっちを選んだ方が良いのか。それは、それぞれのメリットやデメリットを理解した上で決める方が良いでしょう。

まずハードタイプのメリットについては、非常に頑丈な造りになっていることです。刃物で切られて中身を盗られる心配もありませんし、ロックもしっかりしています。逆にデメリットは、毎回荷物を出す時にチャックを全開にしないといけないことです。以前わたしもハードタイプを使っていましたが、ちょっとした上に羽織れるものを出そうとした時にチャックを全開に開く手間がめんどくさくてしょうがなかったです。

一方ソフトタイプは、軽量で且つ柔軟性があることが大きなメリットです。また、片開きであるおかげで荷物を出し入れする際にスペースを取らないことも魅力ですね。そんなソフトタイプのデメリットは、素材が柔らかいため中のものにまで衝撃が伝わりやすいことです。

ちなみにわたしは今ソフトタイプを使用しています。長く海外に行く機会が多いため、割れる心配がなく荷物の出し入れが楽なソフトタイプを最近ずっと愛用しています。

スーツケース選びに迷っている方必見!メーカー毎の特徴を紹介!

最近では、スーツケースをご利用になる方の多くが軽さを重視して選んでいる傾向があります。

長期旅行に行かれる方は特に、ずっと重いスーツケースを転がしながら移動するのはそれだけで体力を削られて大変ですよね。では、そんな軽さと長くお使いいただけるスーツケース造りにこだわっているメーカーをいくつかご紹介しましょう。

まず1つ目に、吉田カバン系列のラゲッジレーベルです。ポーターという名前の方が馴染みがありますよね。日本の職人が一から丁寧に造りあげるスーツケースは機能性も丈夫さも兼ね備えています。また修理も出せるので、長く大事に使いたいという方にはラゲッジレーベルがおすすめです。わたしはこのラゲッジレーベルを利用してもう5年も経ちますが、今でもしっかり使えています。

2つ目に、プロテカです。こちらも日本製で軽さを重視したスーツケースを多く提供しています。また、2重ロックもかけられるため、盗難が心配な方にはぴったりです。

最後に、トゥミです。こちらはアメリカ製で、ビジネスマンをターゲットに製品造りを行っているため、軽さや機能性はより進化を続けているメーカーです。仕事で出張にいく機会が多い方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

買うだけじゃない!スーツケースはレンタルもできる!

スーツケースは旅先の大切なパートナー。

しかし、新しい昨日や丈夫さを高いレベルで求めるとどうしてもお値段がかかってしまいます。旅先ではどうしても必要だけど、スーツケースを買えるだけのお金がない!という方、

実はスーツケースってレンタルできるって知っていましたか?わたしも一度スーツケースをレンタルしたことがありますが、その時は会社の上司からいきなり明日アメリカに飛んでくれといわれ急いでスーツケースを買おうと思いましたが、買えるだけのお金がありませんでした。そこで友人からレンタルできるよと教えてもらい、なんと申し込んだその日に借りることができました。その対応の早さに最初は驚きました。

ちなみに、わたしが利用したのはアールワイレンタルというところで、2日間合わせて5000円程度でレンタルできました。いざという時にはぜひ試しに使ってみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スーツケースも旅行を楽しむための大事な相棒です。

みなさんが気に入ったものを選んでいただけるように、ぜひ今回の記事も参考にしてくださいね。

よくある質問

www.ry-rental.com/Q&A

電話でのお問い合わせ

0120-705-177

商品一覧

商品詳細

Woman siting and waiting for train