持ってることがステータス?!ダイナースクラブカードの魅力とは

 

 

 

Beautiful woman with shopping bags

VISAMASTERJCBなどクレジットカードには

たくさんのブランドがありますよね。

そんな中で、アメリカンエキスプレスと並んで世界的に有名なのが、ダイナースクラブカードです。

今回は、ダイナースクラブカードに

いったいどんな特徴があるのかをご紹介したいと思います。

持ってることがステータス?ダイナースクラブカードとは

ダイナースクラブは戦後間もない1950年にアメリカで設立され、日本では国内初のクレジットカードとして知られています。

主な特徴としては、27歳以上で年収500万円以上という基準が設けられており、そこからも他のクレジットカードとは一線を画していることがわかりますよね。また、利用限度額は一律にはせず、顧客の信用度に応じて設定しているのも他のカードにはあまりない特徴だと思います。

その審査基準からも、まさに世界的なステータスのシンボルといった感じですね。

ダイナースクラブカードのラインナップ

ダイナースクラブカードにはいくつかのラインアップがあり、航空会社との提携カードも多くあるのが特徴です。そこで、個人的にオススメしたいカードを2つご紹介したいと思います。

1つ目はANAダイナースクラブ」です。名前の通り全日空はもちろん、スターアライアンスに加盟する航空会社を利用する方にはぴったりの1枚です。カードのポイントも制限なくマイルに移行が可能。

ANAがあるのならJALは・・・」もちろんあります。JALダイナースクラブ」は日頃、仕事や旅行などでJALを使うのであれば、マイルを貯めるのに便利です。

どちらもフライトだけでなく日頃のお買いものでもマイルが貯められるので「とにかくマイルが欲しい!」という人にはうってつけですね。

ダイナースカードの気になる年会費と請求方法は?

高いステータスとマイルを貯めるのに便利なのが魅力のダイナースクラブカード。気になるのは持つのに必要なその年会費と毎月の請求方法ですよね。

まず、年会費は23万円というのが一般的です。先ほどご紹介したANAダイナースクラブなら27千円、JALダイナースクラブであれば28千円といった感じです。

毎月のお支払は一括、ボーナス一括、リボルビングの3種類から選ぶことが可能。ただ、一般的なクレジットカードと異なるのは回数分割の支払いが出来ないこと。もともとある程度の高額利用をそうていしていることから設定されていないようです。

まとめ

いかがでしたか?他のクレジットカードと比べれば審査基準は高いですが、最近では徐々にハードルも下がっているようです。「持ってみたい!」と思った方は是非申し込みにチャレンジしてみてください。

入会の申し込みはこちら

www.diners.co.jp

よくあるご質問はこちら

custhelp.com/Q&A

各種お問い合わせはこちら

www.diners.co.jp/SUPPORT

商品一覧

商品詳細

Beautiful woman with shopping bags