時間も場所も自由な働き方 在宅ワークの魅力と注意点とは

 

 

 

Happy young couple relaxing and playing guitar in wigwam on the beach

在宅ワークというと、以前はほんの一部の人たちがやっている特別なものというイメージがありましたが、

最近では企業でも一部取り入れ始めているところがありますよね。

でも、実際在宅ワークってどんなものなの?というのは気になるところ。

そこで、今回は在宅ワークのいいところや難点、オススメの職種をご紹介していきたいと思います。

在宅ワークの長所とは

在宅ワークのメリットといったら、何と言っても仕事が家でできることです。

(「在宅ワーク」だから当たり前ですが(笑))

家で仕事ができるということは、時間の節約につながります。企業に勤めていると、会社に行く準備や通勤など、仕事以外のことに結構な時間がかかりますよね。そういった「ムダな」時間が一切ないので、そのぶんを仕事に回したり、自由な時間に使うことができます。

書類整理や電話応対といった余計な業務がなくなり、自分の仕事に集中できるので、業務時間自体の短縮にもつながります。

仕事をする場所を選ばないので、子育て中のママさんなんかにはぴったりの働き方ではないでしょうか。

在宅ワークの難点

自分で好きなようにスケジュールを組むことができるのが在宅ワークの大きなメリットですが、それは同時にデメリットでもあります。

会社勤めならやるべきことが決められていますが、自分で仕事をするとなるとそうはいきません。スケジュールは自己管理しなくてはいけないですし、間違ったり遅れたりしても誰かに指摘してもらうこともできません。

しかも、体調を崩したりした時は誰かに引き継いで変わってもらうことができず、納期を送らせてしまえば、一気にお客さんの信用を失うことにも・・・。

スケジュールから体調まで、あらゆるところで自己管理能力が必要になってくるのが、在宅ワークなんです。

在宅ワークでオススメの職種は?

在宅ワークは基本的にはパソコンさえあれば、できてしまうことがほとんどです。思っている以上に様々な種類の仕事があるので、何をやるのがいいか決めるのが難しいなんてこともあるかもしれません。

そんな時、私がオススメするのが記事ライティングの仕事です。「記事?書いたことないし、なんだか難しそう」なんて思うかもしれませんが、実はほとんどのライティングの仕事が初心者でもできてしまうんです。というのも、自分が好きな分野についての体験や記事を書くだけですから。こういった仕事を探すにはクラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングのサイトを使うのが一番です。

募集件数も多いですし、直接契約と違って支払いや納品のトラブルも未然に防げます。

まとめ

場所を選ばず、時間も自由に使えるのが魅力の在宅ワーク。副業として初めている人も増えていますので、興味のある方はまずは簡単にできそうなものからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

クラウドワークスでよくある質問はこちら

crowdworks.com/Q&A

ランサーズの公式サイトはこちら

www.lancers.jp

ランサーズでよくある質問はこちら

www.lancers.jp/Q&A

商品一覧

商品詳細

Happy young couple relaxing and playing guitar in wigwam on the beach