知っておきたい 地図アプリのメリット・デメリットとは?

 

 

 

Hands of woman driver on steering wheel of car driving on road in rainy weather

「あれ?待ち合わせの場所がわからない・・・」

スマホの普及と同時に急速に利用者が増えた地図アプリ。

Google MAPにいつもナビ、Yahoo!マップなど種類は様々ありますが、皆さんも一度は使ったことがあるともいます。

わざわざ地図を持ち運ばなくても現在地やルートがわかるので、すごく便利ですよね。

今回は、そんな地図アプリのメリットやデメリットについてお話ししたいと思います。

地図アプリのメリット

地図プリのメリットは、やはりスマホさえあれば簡単に位置情報を得ることができる点です。

アプリをひらけば自動的に現在地が表示されるし、目的地を入力すればカンタンに最短ルートや移動手段を知ることができますよね。

GPS機能を利用しているので、その精度もかなりのもの。数年前までは数十メートルずれるなんてことも珍しくなかったですが、今ではほとんどズレがありません。

私もよくお世話になっていますが、もはや使わない日はないくらい。地図アプリなしの生活なんて考えられません(笑)

地図アプリのデメリット

スマホ一つでカンタンに現在地やルート検索ができる地図アプリ。その便利さの反面、少なからずデメリットも。

1つ目は通信をし続けなければいけないこと。アプリ起動中は常にGPSで位置情報を更新しなくててはいけないので、想像以上に通信量が必要になることも。あまり使いすぎていると、知らないうちに通信制限がかかってしまうことも珍しくありません。

2つ目は、バッテリーの消耗が激しくなることです。1つ目のデメリットと関連するところですが、スマホのバッテリー消費が一番多いのは通信をしている時。なので、地図アプリを使っている時はみるみるうちに電池が減っていきます。

この2つのデメリットを少しでも抑えるためには、地図アプリを使い終わったら、アプリをちゃんと終了しておくことです。付けっ放しにしておくと、使ってもいないのに通信量もバッテリーも消耗してしましますからね。

オススメの地図アプリはコレだ!

地図アプリは無料で使えるものから有料のものまで本当にたくさんの種類がありますよね。

中でも私がオススメしたいのがNAVITIMEです。NAVITIMEは移動手段に応じたルート検索ができるのが大きな特徴です。

例えば、電車での移動の場合であれば、乗換案内だけでなくどの出口から出るのがいいかとか、雨の日は濡れずに済むルートが分かったりとかなり細かい情報まで知ることが可能。

自動車を使う時は、ナビとしてはもちろん、高速料金や消費するガソリンの量まで調べることができるんです。道路情報も常に最新のものになっているので、車のカーナビよりも正確だったりします(笑)

有料版もありますが、無料でも十分使えるのでかなりオススメです!

まとめ

道に迷ってもすぐに場所がわかる地図アプリ。便利な反面、特有のデメリットもありますが、それも使い方次第で改善できると思います。うまく付き合って、移動時間を少しでも快適にしてくださいね。

新規会員登録はこちら

navitime.co.jp/register

よくある質問はこちら

navitime.dga.jp/Q&A

商品一覧

商品詳細

Hands of woman driver on steering wheel of car driving on road in rainy weather