スポンサードリンク

請求明細はネットでチェック!NTTのWEBビリングサービスとは

 

 

 

A calculator and papers for adding up the monthly bills isolated over white. Use a digital style font to create your own message on the LCD screen.

毎月の通話料や利用明細、皆さんはどうやってチェックしているでしょうか?

毎回郵送で届く紙の請求書で確認している方も結構多いのではないでしょうか。

でも、紙の請求書ってかさばるし、

無くしてしまったりすることもありますよね。

そんな面倒を解決できるのが、NTTのWEBビリングサービスです。

NTT東日本なら「@ビリング」

NTTのWEBビリングサービスは利用する地域や会社によって呼び名やサービス内容が若干変わったりするのですが、NTT東日本では@ビリングと呼ばれています。

@ビリングは毎月の電話料金などをクレジットカードか口座振替で支払っている人が利用可能。一度、利用の申し込みをすれば、パソコンやスマホなどでいつでも好きな時に明細のチェックができるようになるんです。

それも、料金明細なら過去12ヶ月、通話明細なら過去2ヶ月分までさかのぼることができるのも便利なところ。

しかも、NTT東日本加入電話やISDNの月額基本料から110円(税抜)割り引きまで受けられてしまいます。

NTT西日本「Myビリング」

NTT西日本を利用している方向けの電子請求書はMyビリングというものになります。

サービス内容はNTT東日本の@ビリングとほぼ同じで、過去12ヶ月分の料金明細と過去2ヶ月分の通話明細、前日までの利用料金の明細などのチェックが可能。

利用料金が確定すれば、その都度お知らせメールが届くので、「チェックし忘れてた」なんてことも防げるはずですよ。

NTTdocomoの「eビリング」

スマホなど携帯電話でNTTドコモを契約中の方は、電子請求書としてeビリングが利用できます。

毎月の利用料金の明細などがパソコンのMy docomoやiモード、spモードなどを通して見見ることができ、毎月メールで明細を通知する設定も可能。

その上、eビリングに切り替えれば1回線につき利用料金から毎月20円割り引きもされるのは、ちょっと嬉しいポイントですね。

まとめ

簡単な登録さえ済ませてしまえば、請求書が電子化できるNTTのWEBビリングサービス。請求書を保管する手間が省けるうえに、毎月の料金が割引までされるとなったら使わない手はありません。まだ郵送で請求書を受け取っているのであれば、すぐにWEBビリングへの切り替えをオススメします!

Webビリングのログインはこちら

ntt-finance.co.jp/LOGIN

各種お問い合わせはこちら

www.ntt-finance.co.jp/SUPPORT

スポンサードリンク

商品一覧

商品詳細

A calculator and papers for adding up the monthly bills isolated over white. Use a digital style font to create your own message on the LCD screen.