とてもシンプルだった!みんなで法人税をおさらいしよう!

 

 

 

Protect company finances and tax optimization, company investment, represented by dollar symbol.

法人税を支払っている方にお聞きしますが、法人税の納付日が近づいてくると頭が痛くなってきませんか?

普段の業務にプラスして法人税のことを考えるだけでも頭が痛くなってきますよね。

そこで、納付がうまくいくように今回は法人税の基本をおさらいしようと思います。

気をつけよう!法人税の納付期限と納付先

法人税の納付期限は、決算日から2ヶ月以内と決められています。納付先は知っての通り、国です。しかし、法人が納付する税金は多様で、国だけでなく地方公共団体にも納付するものがあります。まとめると、国に納付する税金は消費税や印紙税、源泉所得税です。一方、地方公共団体に納付する税金は法人住民税、事業税、地方法人特別税、固定資産税などです。税金の種類によって納付先が変わってくるので、しっかりと把握しておきましょう。

課税の対象となる所得を知っておこう!

法人税は各事業年度に得た課税所得に税率を乗じて計算されます。その課税対象となる所得は4つあります。。1つ目は会社が事業活動を行った各事業年度の所得、2つ目は会社が解散した時の清算所得、3つ目は法人課税信託の所得、4つ目は退職年金などの積立金です。これらの所得に法人税率が適用されて計算されます。法人税の計算自体はいたってシンプルなので分りやすいです。

実際に会社の会計を担当しているわたしの友人に聞いてみたら「所得に税率をかけるだけだから小学生でもできるよ」と言われました。小学生は言い過ぎではないかと思いますが(笑)誰でも観覧にできますので、試しに自分が所属している会社の法人税を計算してみてはいかがでしょうか?

税率の高さは世界トップクラス!日本の法人税率と優遇措置

日本において法人税率は、比例税率とされております。

比例税率とは、課税金額の大小に関わらず同じ税率を課税する仕組みのことです。ただし、法人税についてはいくつかの優遇措置が施されています。現在かかる税率が25.5%に対し、普通法人の資本金が1億円以下の法人で、年間所得が800万円以下の部分は税率が15%になります。優遇措置がある分、所得が低い法人であればある程度の優遇が効く制度になっていることに対しては安心できますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

計算が難しいイメージがある法人税ですが、蓋を開けてみると意外にもシンプルで驚きますよね。

最近では起業をする人も増えている傾向にあるので、そうした野心を抱いている人は特に今回の記事を参考にしていただければと思います。

よくある質問(タックスアンサー)

www.nta.go.jp/Q&A

お問い合わせ(麹町税務署)

03-3221-6011

商品一覧

商品詳細

Protect company finances and tax optimization, company investment, represented by dollar symbol.