スポンサードリンク

お仕事で大活躍!いま注目のChatWorkを徹底的に検証!

 

 

 

Young secretary looking at camera in working environment

みなさんの中には会社でchatworkを利用している人も少なからずいらっしゃると思います。

連絡のやり取りや資料の送付、プロジェクト毎にグループチャットを行ったりとまさにビジネス向けに開発されたchatwork。

今回は、会社の中で存在感を増してきているchatworkを検証してみようと思います。

ChatWorkとは何か?

そもそもChatWorkとはビジネス向けに開発されたチャットツールです。このchatworkはクラウドを使用しているため、今までのように企業が個別にシステムを開発する必要がなくなったので、企業への負担が大幅に減少しました。

運用会社はCharWork株式会社で、2000年に創業して以来、一貫した黒字経営を続けている優良企業です。今ではchatworkを利用する企業数も14万社を超えるほどその人気ぶりは増える一方です。私が所属しているIT企業でもchatworkを使用して仕事管理や連絡のやりとりをしています。では具体的に何ができるのでしょうか?

会社で実際に使えるchatworkのおすすめ機能!

私がおすすめするchatworkのおすすめ機能を3つご紹介しますね。

1つ目に、タスク管理ができることですね。タスクの担当者や時間を明確にしてグループ内で共有することができる機能です。また、会話の間に出てきた文言をそのままタスクに設定することもできます。

2つ目に画面共有機能です。チャット時に操作手順や資料を共有したいと思うことってありますよね?そんな時にこの画面共有機能なら自分の画面をそのまま相手に共有することができるので、口で全部説明する必要がなくなりとても楽になります

3つ目に、ビデオ通話・音声通話ができることです。チャットをしている時により正確に情報を伝えるために電話をしようとしたら、まず電話を用意してそれから電話番号を調べて、というふうに無駄な時間ができてしまいますよね。そんな手間もchatworkの音声通話ならチャット時にそのままボタンを1回押すだけで相手と通話ができます。さらにグループでまとめて通話をしたい場合も複数人の音声通話が可能なので、場所が離れていても通話で会議をすることができます。ついでに、ビデオ通話もついているので集まらなくても講義や研修を行うこともできます。

ビデオ通話は私もよく利用しており、東京と大阪のメンバーで会議をする際に愛用しております。これもボタン1つで通話ができるため、とても便利です。

ご利用前に注意すべきこと

ただし、chatworkを利用する前に2点だけ注意していただきたいことがあります。

1つ目は、無料版だと機能に制限がかかることです。無料版でも使えるのですが、先ほどご紹介した複数人でのビデオ通話ができなかったり、グループチャットの作成も最大14個までと限定されてしまいます。もし、会社という組織で使う場合は、ビジネスプランがおすすめです。先ほど説明した昨日の他に、ユーザ管理やメッセージの検索機能もついてよりビジネス向けのサービス内容になります。

2つ目に、チャット時に既読確認ができないことも痛い点だと思います。人によっては既読が付かない方が良いと思うかもしれませんが、ビジネスの観点からいうとちゃんと共有事項を読んで理解しているのか不安になることがありますので、私個人としては既読フラグをつけていただきたいところですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ChatWorkはビジネス上メリットが多く、使い勝手も良いので興味があればぜひ活用してみてください。

試しに無料版から手を出してみても良いと思います。

よくある質問

help.chatwork.com/Q&A

お問い合わせフォーム

help.chatwork.com/Contact

スポンサードリンク

商品一覧

商品詳細

Young secretary looking at camera in working environment