え、インターネットで登記情報が確認できちゃう登記情報提供サービスって何!?

 

 

 

Man in kitchen with laptop and paperwork

「あれ?この物件の取扱会社ってどこなんだろう?」近年副業が密かにブームですが、

それに伴い個人でも不動産を扱う方も増えてきました。

中にはサラリーマンの方でもマンション運営をしている人もいるのだとか・・

でもせっかくいい物件を見つけても所有者がわからないと困っちゃいますよね。

今回はそんな時に役立つこと間違いなしの登記情報提供サービスについてご紹介します。

 

登記情報提供サービスって?

そもそも登記情報提供サービス ってあまり聞きなれないですよね。登記情報提供サービスとは登記所が持っている登記情報をネット上でも確認できるというサービス。法人の方だけではなく、個人の方も利用するこができますし、その時だけちょっと調べたい!という一時利用もOKです。個人利用や一時利用の場合はお支払いの際にクレジットカードを用意する必要があるので覚えておいてくださいね。

 

登記情報提供サービスのメリット

そんなとっても便利な登記情報提供サービス。「登記所に行く必要もないのは助かるけど、その分費用が気になるな・・」実はこのサービス全部事項でも1件あたり335円で確認できるとリーズナブル。登記所に行くための交通費や手間を考えるとなんだか得した気分ですよね。もちろん内容も登記所で交付されるものと同じなので安心して使用できますね。インターネットのサービスなので閲覧可能な時間も平日8:30~21時までかなり幅があるので忙しい方でも隙間時間にぱぱっと確認もできますしね。通常法務局は17時台に終わってしまうことが多いのでそれを考えるととても使いやすいサービスだな、と個人的に思います。

 

登記情報提供サービスのデメリット

便利な反面ちょっと注意が必要な点もあります。登記情報提供サービスは確かに登記情報を確認でき、ページを印刷することもできるんですが、証明書にはなりません。あくまでもデータを確認するためのもの、ということですね。なので証明書が欲しい場合は同じくネット上から申請できるオンライン登記事項証明書請求を利用する必要があります。ここはちょっと気をつけておきたい点ですね。

 

まとめ

いかがでしたか?最近ではこのように公的サービスも気軽にネットから閲覧できたり申請できるようになってとっても便利ですよね。ネットからですと時間もあまり気にせずいつでもどこでも利用できるので忙しい方にもぴったりですし、ないより実際に行かなくて済むので助かります。個人的に役所などの公的機関のあの待ち時間がどうも苦手で・・登記情報だけではなく住民票なんかもネットからプリントアウトできるようになったらいいのにな、なんて思います。(笑)ちょっと話はずれましたが、不動産情報を調べる際は是非活用してみてください。

 

 

よくある質問はこちら

www.touki.or.jp/Q&A

お問い合わせはこちら

www.touki.or.jp/Contact

 

商品一覧

商品詳細

Man in kitchen with laptop and paperwork