顧客との信頼関係を何よりも大切にする極東証券の特徴とは

日本にはたくさんの証券会社がありますが、極東証券を知っているという方はかなり少ないのではないでしょうか?でも実は戦後すぐに創業した歴史ある証券会社なんです。あまり知られていない極東証券の特徴をご紹介したいと思います。

極東証券とは

Horizontal aerial view of the Manhattan section of New York City including all of the buildings and skyline in black and white.

極東証券の歴史は1947年に富士証券株式会社として設立された時まで遡ります。

知名度は低いながらも、いちよし証券や藍澤證券、

岩井コスモ証券、東洋証券などと並ぶ中堅証券会社に位置します。

それでも知名度が低いのには、ある理由があります。

それは保守的な富裕層を顧客としており、

インターネット取引は行わず全て対面取引のみとしていることです。

それを表すかのように店舗も東京や神奈川、大阪など主要都市を中心に全国で8店舗しか展開していません。

極東証券のこだわり

Image of business partners handshaking over business objects on workplace

極東証券のビジネスモデルには、独自のこだわりが感じられます。

というのも、先ほども少し触れたとおり、このネット証券全盛の時代の中で対面営業のみという

一見時代と逆行しているような営業スタイルをとっているからです。

なぜ、対面営業だけなのか。

極東証券では顧客との信頼を何よりも大切にしており、

信頼は直接対話をすることで初めて実現でいるとしています。

顔を突き合わせて話すことで、その人が本当に求めているニーズを探り出すそうです。

誰でも気軽に利用できる証券会社というわけではありませんが、

顧客を大切にする姿勢は強く伝わってきます。

極東証券が勧める分散投資とは

Modern people doing business, graphs and charts being demonstrated on the screen of a touchpad

一言に投資といっても様々な金融商品がありますし、

その運用の仕方は人それぞれです。

そんな中で極東証券が勧めるのが「分散投資」です。

文字どおり、一つの商品に絞るのではなくできるだけ多くの種類の金融商品で

資産運用をしようという考え方です。

一つの金融商品や銘柄に集中して投資をすれば、値上がりした時の利益も大きくなりますが、

逆に価格が大幅に下落した場合、そのリスクを一挙に抱えなくてはいけなくなります。

そこで、国内株式と外国債券のように値動きの異なる商品を組み合わせることで、

こういったリスクをできる限り回避するのです。

大きな利益をみこくことはできませんが、

より安全に資産運用うをすることが可能になります。

ここにも、顧客の資産を第一に考える極東証券の姿勢が見て取れます。

まとめ

顧客との信頼構築を何よりも大切にする極東証券。

他の証券会社と比べると、なかなか利用できる機会は少ないですが、

チャンスがあるという方は、是非一度そのサービスを体験して見てください。

お問い合わせはこちら

www.kyokuto-sec.co.jp/inquiry

お客様相談室はこちら

03-5640-9230

商品一覧

商品詳細

Horizontal aerial view of the Manhattan section of New York City including all of the buildings and skyline in black and white.