気になる!みずほ証券(旧:みずほインベスターズ証券)の充実したサービスを一挙公開...

みずほ証券の魅力

それではさっそく、みずほ証券について見ていきましょう!

スポンサードリンク
  

とはいうものの、実際に資産運用をしようとしたら
どういった商品が自分に合っているんだろう?
商品やサービスはどういったものがあるんだろう?
といった疑問や不安はつきもの。やはりお金が関わってくるので慎重にいきたいですよね。
なので今回はこれからみずほ証券で投資を始めよう!という方にこれだけは知っててほしい情報をまとめました。

 

みずほ証券とみずほインベスターズ証券の違い


みずほインベスターズ証券からみずほ証券へ変更された当時自分が利用していた証券会社がなくなって
驚きを隠せなかった方も多かったと思います。ですが、実際のところ名称が変更されたくらいで、
サービス内容に大きな違いが生じたわけではありません。そもそも、なぜみずほ証券に買収されたのかと言うと、
みずほグループ全体の改革を行うためではなく、今後の競合他社に負けないためのサービス展開を見越しての
買収だった印象が強いです。そして、新しく生まれ変わったみずほ証券では
投資活動を行う方に向けた2つのコースが用意されています。ダイレクトコースと3サポートコースです。
より多くのニーズに応えようとするみずほ証券の姿勢が伺えますね。

みずほ証券がの口座開設は?


みずほ証券は自身の投資スタイルに合わせて先ほどご紹介した2つの取引コースがあります。
なので口座開設の際に自分にあったコースを選択できます
では、具体的に2つのコースの違いとは何でしょうか?ダイレクトコースは
インターネット上で取引を行いたい方に向けたサービスです様々なチャートの
利用や充実した分析ツールを無料で利用することができる点が大きなメリットですね。
また、インターネットだけでなくコールセンターも利用できるため、取引の幅が広がります。
自分のペースで投資を楽しみたいという方にもってこいですね。
一方、専門のコンサルタントと一緒に資産運用や投資について厚いサポートを受けたい!
という方には3サポートコースがおすすめです。一番のメリットはやはり最前線で活躍する
コンサルタントからアドバイスを受けながら投資を行える点ですね。
また、3サポートという名の通り、コンサルタント、コールセンター、
そしてインターネットとどの窓口も自由に利用することができることも
3サポートコースの魅力ですね。興味が沸いたら一度お話しだけでも聞いてみてはいかがでしょうか。
みずほ証券は商品サービスのラインナップも豊富なので自分にあったものを選んだり、
組み合わせられるのが嬉しいですね。

・みずほ証券のIPO株は公平性が売り!
みずほ証券のIPO株は取り扱い件数は55件と業界トップ水準。
そのうち主幹事取り扱い実績数は16件もあり、毎年安定しています。
資本金の金額にかかわらず個人配分の約10%が平等に行われるので
購入出来る可能性が高いのが特長です。



・みずほの個人向け国債が融通が効きやすい
硬く資産を運用したいなら、個人向け国債もオススメです。
1万円から購入出来る手軽さであったり、政府が責任を持つので安心感もあります。
ペーパーレスなのでなくす心配もありませんしね(笑)
みずほの個人向け国債は3つのコースから選べ、固定3年、固定5年、
そして変動10年のいずれかになります。
1年以上で途中換金もできるので定期貯金感覚で利用できますね。

・みずほファンドラップで積極的に運用も
積極的な資産運用をしたいなら、ファンドラップもオススメです。
異なる資産を組み合わせて運用するファンドラップですが、こちらは
運用から管理まで全てみずほ証券が請け負ってくれます。
プロがまとめて資産運用をしてくれるので「忙しくてなかなか資産運用まで手が回らない・・」
「資産を自分で運用するのが不安・・・」という方にオススメです。
コースもファーストステップとマイ・ゴールという2つのプランから自分にあった方を選ぶことができますよ。

・みずほFXでリアルタイムな取引も!
みずほ証券では証券や債券の扱いだけではなく、FXも取り扱っているんですね。
みずほ証券のFX取引なので安心感もありますし、外貨取引時のコストも
1米ドルあたり往復で5銭と安いのでお得感もあります
外貨の買いからも売りからも取引できるのもポイントです。基本的に24時間取引可能なので、
スポード感が求められる取引の場でも安心して活用することができますね。
みずほFXの口座の開設はダイレクトコースを契約し、みずほのネット倶楽部にログインして開設することができますよ。

便利なオンライントレードサービスも活用しよう


みずほ証券ネットクラブというサービスではインターネット上で
情報をチェックしたり、取引ができます。もちろん、表示される情報に差があるわけではありません。
株価検索や株価ボードはもちろん国内・海外指標、為替、市場概況など重要な情報もしっかりと確認できます。
スマートフォンからも確認できるので通勤時間などの隙間時間を有効活用できますね。
スマホから取引はさすがに・・と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
国内株式や外貨建MMFなどの取引にも対応しています。自分が持ってる銘柄や、
取引の履歴などの情報もスマホからでもチェックできます。資産を運用する上で
特に重要な項目になりますから、手軽に確認できるのは嬉しいですよね。
ただし抽選参加等パソコンからでしかできない取引もあるので注意してください。

まとめ


みずほインベスターズ証券の意思を受け継いだみずほ証券についてご紹介して参りました。
みずほ証券ではそれぞれのスタイルにあった投資活動ができるコースがしっかり用意されているので、
ぜひあなたに合ったコースを選んで楽しい投資生活を満喫してくださいね。

みずほ証券各種情報




商品一覧

商品詳細

Investment Graphic