山里亮太「ヤンチャ話を自慢げにするのって・・・」被害者たちの声を代弁で不満爆発?...

お笑いコンビ南海キャンディーズの山里亮太さん。

日テレの「スッキリ!!」で天の声を務めるなど、

今やバライティーに欠かせない存在となっています。

そんな山里さんがパーソナリティーの

ラジオ「山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)で発言した内容が、

ネット上で大きな反響を呼んでいます。

話題となっているのは2017年8月16日に放送された回。

リスナーから番組宛に届いたあるメールについて、

山里さんがある苦言を呈します。

そのメールはヤンキーに関する内容だったのですが、

これを機にヤンキー、そして過去のヤンチャ話を自慢のように

話す人たちに話が及びます。

スゲェいい思い出みたいな空気出すけどさ。

被害者サイドからいうと、結構人生変わっちゃった人もいるんじゃないかな。

確かに、ヤンチャしていた本人にとっては自慢話にはなるかもしれませんが、

そこには被害者がいたことも事実です。

被害者にとってはそれが「つらい出来事」として

トラウマになっていることだって十分にありえます。

そんな人たちの気持ちを思ってか、

山里さんはコメントを続けます。

よく悪い人とか、テレビで「昔は無茶してて」とかいう人たちはさ、

1回、被害者で人生が変わっちゃった人のコメントを受けて欲しいよね。

やられた人って、結構人生変わっちゃってない?

学校行けなくなっちゃった人とかいるバージョンの。

そのコメントを受けるシーンも欲しいなっていつも思う。

山里さんがここまで強く語るのは、

自身のある体験が関わっているようです。

昔、同じクラスにムチャクチャ怖い人がいてさ。

もう授業に集中できないくらい。

だから、それを肯定されちゃうのは、ちょっとって言うのがあって。

学生時代にクラスメートに怖い思いをさせられ、

毎日不安な日々を過ごしていたんですね。

番組終了後、山里さんの一連のコメントに対してたくさんの共感の声が寄せられます。

・昔のヤンチャ話って何が良いのかよく分からない。

 番組の制作側にも問題はあると思うな。

・人に嫌な思いをさせたのを、自慢のように話すのは本当にイヤ。

 山里さんが言っていることが正論だと思う。

・テレビに出るように人たちはヤンチャした加害者側が多かったんでしょうね。

 最近は被害者側の人たちも出演するようになってバランスが取れてきたんだと思う。

芸能人の方でなくてもヤンチャ話をする人は身近にいると思います。

でも、そこには必ず被害を受けた人がいます。

そういった人たちの心情も考えて、

是非とも心を入れ替えて欲しいものですね。

商品一覧

商品詳細