スポンサードリンク

外国人コンビニ店員、暴言客との出会いで幸せ気分ってなぜ??

ちょっとした買い物に便利なコンビニ。朝の通学や通勤の前に立ち寄るという方も多いと思います。最近では、外国人の店員さんも増えていますが、接客でトラブルが起きてしまうことも少なくないようです。

いつも仕事前に近所のセブンイレブンに立ち寄るというある男性。

会計を済ませようとレジに向かうと、

そこには見慣れない女性の店員さんが接客していました。

接客の様子や外見からすると、

その店員さんは日本人ではなくどうやら中国系の外国人のようです。

日本語はたどたどしく、

レジ打ちもまだ慣れていません。

普通、新人店員なら先輩がサポートとして付いているはずですが、

この時は人手が足りなかったのか一人で接客をしていました。

レジには長蛇の列。

男性もこの列に並んでいたのですが、

朝の通勤時間帯ということもあって他の人たちも

徐々に苛立ち始めます。

特に男性の前に並んでいた50代男性は

表情からもかなりイライラしているのがわかりました。

不安に思っていると、

50代男性がレジの前に立ちました。

するといきなり「136番」とタバコの番号を店員さんに伝えます。

ところが、

その番号の意味がわからなかったのか、

とっさに対応できません。

 

Angry man shouting isolated on a white background. Looking at camera

ますます腹が立ったのか男性は

「早くしろ!」

と怒鳴ります。

その様子を見ていた先輩店員がすかさず隣のレジからやってきて、

タバコを用意します。

やっと用意できたタバコを女性店員はおそるおそる

「こちらでよろしいでしょうか」

と男性に尋ねます。

すると、その女性店員の話し方を聞いた男性が急に

「あなた、中国の方?」

と声をかけました。

そして、なんと流暢な中国語で話し始めたのです。

話しかけられた店員さんも急に安心したのか、表情が急に明るくなります。

親しげに会話をしている2人。

最後には50代男性も最初の怒りは何処へやら。

すっかり笑顔になっています。

詳しいことはわかりませんが、

50代男性は中国関連の仕事をしていたのか、

中国在住の経験があったのかもしれません。

いずれにしても、

最後には2人とも和やかな雰囲気になっていたそうです。

些細なことでついイライラしてしまうのは誰でも経験があると思います。

でも、腹を立てて誰かに当たってもなんの解決にもならないどころか、

余計に腹が立ってしまうことも。

でも、それもちょっとした心がけで防ぐことができるはず。

人と接するならお互いに気持ちよくいたいですよね。

当たり前のようですが、とても大事なことだと再認識されました。

スポンサードリンク

商品一覧

商品詳細

Angry man shouting isolated on a white background. Looking at camera