スポンサードリンク

夏の砂浜散歩は要注意・・・バカンスのはずがまさかの火あぶりに?!

8月の中頃といえばお盆のシーズン。実家に帰省したり、家族と旅行に出かけたりと楽しい夏休みを過ごした方も多いと思います。ある一家は夏休みを利用して北海道積丹郡の温泉旅館「北都」に遊びに来ていました。

一家は釣りをしようと考えて、

釣り船を予約します。

ただ、釣り船の出発まではしばらく時間があったので、

ビーチで遊ぶことにしました。

旅館の従業員は楽しそうにビーチに向かっていく一家の様子を見ていました。

なんとも楽しそうな様子は、

ごくありふれた夏休みの光景でした。

a

ところが、そこから聞こえて来たのは、

笑い声ではなく男の子の鳴き声でした。

聞きつけた従業員は急いでビーチに向かいます。

すると、水道で男の子がお父さんに抱きかかえられながら、

足を水で冷やしていたのです。

最初は一体何が置きたのかわからなかったのですが、

話を聞くとなんとも悲しい出来事が・・・。

なんとまだ火がついたままの熱い炭がビーチに置かれたままで、

男の子はそれに気づかずに炭の上を歩いてしまったというのです。

当然男の子は足の裏をひどく火傷してしまい、

救急車で搬送される事態に。

病院での治療を終えた男の子は、

旅館に戻って来ました。

火傷は思っていたよりもひどく、

両足を包帯で巻いておりしばらくの間は歩くことができないほどでした。

その姿に従業員は大きなショックを受けます。

このままにはできないと思った旅館は、

この出来事をFacebookに投稿します。

北海道では短い夏を堪能しようと、積丹だけでなく、あちこちの海水浴場や海辺にキャンパーたちがテントを張り、バーベキューを楽しみます。

しかし、帰る際「バーベキューの炭や焚き火の焚き木は置いとけば自然に戻る」という大きな誤解をしている人が多く、火がついたままの炭や焚き木を砂浜に埋めたり、そのまま放置したり、といった状態で帰ってしまい、ほかの人が熱い炭を足で踏んで大火傷をしてしまいます。

炭は、ほぼ炭素の集まり。腐って土になるようなことはありません。
砂浜を炭で汚したら、そのまま永遠に残ってしまいます。

芯まで確実に水などで消火し、家庭ゴミとして持ち帰ってください。

バーベキューは、来たときよりも綺麗にして帰ることがマナーです。

後片付けの中でも、炭の後始末は誤った方法で行うと、重大なルール・マナー違反だけではなく、事故に繋がる恐れもある大切なポイントですので、必ず正しい方法で行いましょう

北都Facebookより引用

炭を置いて行った人に悪意はなく、

「これくらい大丈夫だろう」と思っていたのかもしれません。

でも、軽い気持ちであったにせよ怪我人を出してしまったことは事実です。

夏はキャンプや海水浴などレジャーにぴったりの季節。

誰もが気持ちよく楽しむためにも、

マナーを守ってゴミをきちんと処理することを忘れてはいけませんね。

スポンサードリンク

商品一覧

商品詳細

a