ヤマト運輸配達員、仕事放棄で笑いを誘う?!一体なぜ・・・

クロネコヤマトでおなじみのヤマト運輸。最近では、配送料の値上げやAmazonの当日配送からの撤退を決めるなど、配達員の労働環境改善に取り組んでいるという印象もあります。

最近、何かと話題になるヤマト運輸ですが、

配達員の嘘みたいな神対応がネットで話題になっています。

a

宅急便というと、

緑色のトラックが定番でしたが、

都市部などでは「ネコロジー」と呼ばれる

リアカーを引いた自転車での配達することも増えてきています。

一度は見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

ある女性も、

街中で自転車で配達をするヤマト運輸の配達員をみかけたのですが、

その配達員は「ヤマトの兄ちゃん」という呼び方が

しっくりくるような若い男性だったそうです。

そんな「ヤマトの兄ちゃん」が交差点を通り過ぎようとしたとき、

急に自転車を道端に止めて、離れていってしまいます。

どうやら荷物を届けにいくわけでもなさそうです。

一体どうしたというのでしょうか。

ヤマトの兄ちゃんが向かった先には横断歩道で信号待ちをしている

一人のおばあちゃんが。

両手にはたくさんのビニール袋を抱えています。

きっと近くのスーパーか何かで買い物を済ませて、

帰る途中なのでしょう。

ヤマトの兄ちゃんはそんなおばあちゃんにすかさず声をかけます。

すると、信号が青に変わった途端、

おばあちゃんが持っていた荷物を代わりに持って、

一緒に横断歩道を渡っていったのです。

その様子を見ていた女性は、

つい笑ってしまったと言います。

というのも、

「その光景があまりにもベタな美談で、

こんなにも気持ちのいい男がいるのか」

と思ったそうです。

女性だけでなく、

周りにいた多くの人たちがその光景を目の当たりにして、

心なしか笑顔になっていたそうです。

「人には優しくしなくちゃいけない」

頭ではわかっていても、

いざ自分がその状況に出くわすとつい人目を気にしたりして

行動する勇気が出なくなってしまうもの。

特に仕事などで忙しいと

そんな気持ちの余裕すらないこともあるでしょう。

でも、そんなモヤモヤを吹き飛ばすかのように、

ヤマトの兄ちゃんは仕事を止めてでも、

おばあちゃんを助けました。

このエピソードを聞いて、

困っている人がいたら助けてあげるという当たり前のことを

当たり前にできるようにならなければいけないな、

と改めて考えさせられました。

商品一覧

商品詳細

a