スポンサードリンク

万引き犯、無罪放免で皆笑顔 その訳とは・・・

コンビニやスーパーなどで発生する万引き。最近では、タレントなど芸能人による犯行も増えていることで、ニュースなどで報道されることも多いと思います。「ちょっとした出来心」や「スリルを味わってみたかった」など動機は様々でも、立派な犯罪です。

簡単に手が出せてしまうが故に、

身近に起こりうる犯罪の一つです。

もちろん、日本だけでなく海外でも万引きは頻発していますが、

カナダで起きた万引き事件で警察官のとっさの行動が、

素晴らしいとネットで話題になっています。

カナダのトロントで警察官を務めるニラン・ジェイエナサンさん。

ある店舗から、万引き犯を捕まえたと通報が入ります。

急いでその店舗へ駆けつけると、

そこには18歳の青年が座っていました。

Offender with his hands in handcuffs

ニランさんが確認したところ、

盗まれたものはワイシャツにネクタイ、靴下でした。

これを聞いたニランさんは違和感を覚えます。

というのも、万引きというと普通は食べ物に困って食料品を狙ったり、

ある程度お金になりそうな高額品を取ることが多いからです。

不思議に思い、この青年に万引きをした理由を尋ねます。

それを聞いたニランさんは、

なんと彼を逮捕しないことに決めます。

一体なぜなのでしょうか?

A police car and sport utility vehicle parked in front of a white background. The clipping path for the white area is included.

青年が万引きをした理由、

それは「就職面接のための服がなかった」ということでした。

しかも、父親が病に倒れ、仕事ができないために

生活苦に陥っていたというのです。

そんな事情があったにせよ、

自分がやったことは犯罪であることを認め、青年は後悔しています。

そんな姿を見たニランさんは

「万引きは確かに犯罪だ。どんな理由であれ許されるものではない。

でも、今彼を捕まえることが彼に取って最善のことなのだろうか。

もっと良い方法があるのではないか?」

と考えます。

悩んだ末、ニランさんは青年が盗んだものを全て自ら購入して、

なんと彼に差し出したのです。

ニランさんの行動は警察の中でも話し合われたそうですが、

その場にいた他の警察官全員がニランさんの判断を支持。

「私たち警察官の仕事は人々を助けること。

言葉に耳を傾け、より良い形で青年を導こうとした彼を私たちは誇りに思います。」

ニランさんに服をもらった青年は、就職の面接に向かいます。

結果は無事採用されたとのことです。

ニランさんもその報告を聞いて大変喜びました。

警察官の思いやりが青年を救った今回の出来事。

改めて親切な心の大切さを思い知らされるエピソードだと思います。

スポンサードリンク

商品一覧

商品詳細