松山千春 全日空機”ハイジャック”で乗客全員を救う?!

海外だけでなく国内の移動にも大変便利な飛行機。1時間半もあれば遠く北海道へも行けてしまうのは、改めて考えるとすごいなと思ってしまいます。日本の航空会社は雪や台風がなければ、遅延することはほとんどまれ。

2017年8月20日、

札幌(新千歳空港)発大阪(伊丹空港)行きの全日空1142便は、

当初午前11時55分に出発予定でした。

ところが、お盆休みの帰省ラッシュの時期に重なったため、

保安検査場が大混雑。

その影響を受けて、この瓶も大幅に遅延。

最終的に離陸できたのは午後1時3分でした。

機内では1時間近く待たされた乗客たちのイライラムードが漂いますが・・・。

airplane mechanic and jumbo jet

そんなとき、機内アナウンスから聞こえてきたのは意外な人物の歌声でした。

「いつの日か 幸せを 自分の腕で つかむよう」

流れてきたのは松山千春さんの「大空と大地の中で」のワンフレーズ。

一体誰が歌っているんだ?

そう思った乗客たちが機内の前方へ目をやると・・・。

そこにはなんと松山千春さん本人が!!

歌の後、松山さんはさらに

「お疲れ様です。

お怒りだとは思いますが、

地上係員も頑張っています。

もう少し辛抱しましょう。」と呼びかけました。

突然の出来事に、それまでの機内の重苦しいムードは一変。

一気に明るい雰囲気に包まれ、

歓声と拍手が沸き起こったそうです。

松山さんは大阪到着後、ラジオに生出演。

「でしゃばったことをしているなと思うけど、

みんなの気持ちを考えたら、なんとかしなきゃ、みたいな。

機長さんよく許してくれたな」とコメント。

その時の状況を振り返りました。

通常、機内の安全確保の関係で乗客が機内アナウンスを

するといったことは許されません。

ですが、今回は松山さんの申し出を受けた客室乗務員が機長に相談。

それを聞いた機長が特別に許可を出したことで、

松山さんの”即興コンサート”が実現しました。

この出来事はツイッターを始め、

テレビなどのメディアでも大々的に報道。

乗り合わせた乗客たちは「素晴らしい!」

「待たされているのを忘れるくらい感動した」

など喜びの声をあげたそうです。

ルールからは外れているかもしれませんが、

乗客たちの怒りを喜びに変えた松山千春さんの対応は、

なんとも粋なものですね。

ニュースでは事故や事件ばりでなかなか明るいニュースが

見られない中で、

この出来事は本当に心温まるエピソードだと思います。

商品一覧

商品詳細

airplane mechanic and jumbo jet