「優しく看病はあくまで仕事」看護師と結婚したら「病気なめんな」

 

病院で優しく患者たちの世話をしてくれる看護師さん。まさに「白衣の天使」という言葉がぴったりです(笑)そんな看護師さんと結婚できたら、病気になった時にはきっと体にいいものを作ってくれて、つきっきりで優しく看病してくれそう!そう思っている男性陣、多いのではないでしょうか。

 

nurse

 

ところが、現実は理想と大きく違っているようです・・・。

 

「そんなものは、病気に入らない!」

 

かもねぎ先生(@dr_kamonegi)のツイートは、

 

そんな儚い夢を見事に打ち砕くものでした。

 

 

もし看護師と結婚して風邪を引いても

 

「寝てたら治る!」

「そんなものは、病気に入らない!」

 

と冷たくあしらわれてしまうそうです。

 

fever

 

看護師は常日頃から、様々な患者の対応を迫られます。

 

時には命に関わるような病気や事故に見舞われた患者を

 

看ることだってあるわけです。

 

時には、

 

「病気なめんな」

 

と厳しすぎる言葉を浴びせられることも・・・。

 

このツイートには、経験がある方の共感のコメントが多く集まります。

 

・私も看護師でホントコレ状態でして家族からの不興をかってしまっています。アドバイスお願いされると的確な受診科を案内するだけですがw

・その通り過ぎて大笑いしました!風邪で38℃出て死にそうだと言ってる旦那に喝を入れたところです(笑)

・看護師と一緒に働いてる人はまず看護師と結婚しないからな。でも、本当に大変な時に看護師ほど頼りになる人もいないんだよ。冷たいんじゃなくて、見極めてるんだ!

Twitterより引用

 

 

医療現場の実態を知る人たちにとっては、

 

ごくごく当たり前の事実だったようですね・・・。

 

日頃から仕事で命を扱い、

 

時には死と向き合わなければいけない看護師という職業。

 

だからこそ、風邪くらいのちょっとしたことでは動じないのでしょう。

 

むしろ、

 

看護師という仕事の厳しさや大変さを

 

知るきっかけを与えられた今回のツイート。

 

改めて、

 

看病してもらえるありがたみを感じさせられました。

商品一覧

商品詳細

nurse