iTunesを使ってみたい!基本的な操作について紹介

iTunesで音楽を聴こう


それではさっそく、 iTunesを見ていきましょう!


CDを購入する人もいらっしゃいますが、CDを購入するのではなく、
音楽を購入してダウンロードする方も増えてきました。
その一つにiTunesがあります。ここではiTunesの基本的な操作などを
紹介していきたいと思うので、これから使ってみたい!
という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

iTunesのダウンロード方法 とは


まずiTunesを利用するには、iTunesのソフトをパソコンにインストールする必要があります。
ここではiTunesのダウンロード方法を手順に沿って紹介していきます。

手順その1:Appleのホームページにアクセス

手順その2:アップデートなどのお知らせが必要な方はメールアドレスを入力

(メールアドレスを入力しなくても大丈夫です)

手順その3:「今すぐダウンロード」をクリック

手順その4:任意の場所に保存

手順その5:iTunesのインストーラーがダウンロードされる

手順その6:iTunesのインストーラーを起動し、iTunesをインストールする

以上がiTunesをダウンロードする方法です。
この手順6のダウンロードしたiTunesのインストーラーの場所が分からない場合は、
パソコン内検索をすると簡単に探すことができます。
検索フィールドで「iTunessetup」と入力しましょう。

ダウンロードができない!


iTunesがダウンロードできない場合はセキュリティレベルが高すぎる場合があります。
そこでまず以下の操作を行ってセキュリティレベルを落としてみてください。

手順その1:Internet Explorerの設定(歯車マーク)を開き、「インターネットオプション」をクリック

手順その2:「プライバシー」→「ポップアップ ブロック」の設定をクリック

手順その3:ブロックレベルを「中:ほとんどの自動ポップアップをブロックする」に設定

手順4:閉じるをクリックし、再度iTunesをダウンロード

iTunesで音楽を購入する方法とは


iTunesで音楽を購入する場合は、まず”Apple ID”を取得しなければなりません。
そこでまずApple IDを取得しましょう。取得方法はiTunesを開いて、
「サインインをクリック」し、「Apple IDを新規登録」をクリックします。
ここでメールアドレスとパスワード、セキュリティ質問などを決めて入力します。
登録が完了したら、音楽をさっそく購入してみましょう。

手順その1:iTunes内メニューの「iTunes store」をクリック

手順その2:サインインする(このときにApple IDとパスワードを入力します)

手順その3:好きな音楽を選んで「購入」をクリックし、ダウンロード

以上が購入する方法です。もちろんのことですが、有料の曲を
無料でダウンロードするのは違法です。自分が欲しい曲やアーティストを
検索することもできますので、ぜひ活用してみてください。
また、購入にした曲はダウンロードが完了すると、自動的に
iTunes内の「マイミュージック」に保存されます。

iTunesカードの使い方とは


iTunesカードは、Apple StoreやiTunes storeで購入するときに、
クレジットカードカード登録をしていなくても購入できるプリペイドカードです。
このiTunesカードは1500円、3000円、5000円、10000円とあり、
自分が欲しい額を選んで購入できます。iTunesはコンビニエンスストアや
家電量販店などで販売されています。コンビニエンスストアで
iTunesカードを購入するとポイントがプレゼントされる
キャンペーンもあるのでぜひ確認してみてください。
また、家電量販店でもiTunesカードの割引キャンペーンもあるようです。
iTunesカードの使い方は、曲を購入するときiTunesカードの裏に
記載されているコードを入力します。これだけでiTunesに
カードの金額が全て追加されます。



CDから音楽をiTunesに取り込む方法


iTunesには、CDから音楽を取り込み、iTunes内で管理することができます。
また、iPhoneやiPodと同期すると取り込んだCDを出先でも聞くことができます。
そこでここでは、CDから音楽をiTunesに取り込む方法を紹介していきます。

手順その1:iTunesを起動

手順その2:CDをパソコンに取り込む

手順その3:iTunesでCDの曲が一覧表示されるので、

画面右上の「インポート」をクリック(取り込まなくても良い曲は
チェックボックスのチェックを外します)

手順その4:取り込みが完了するとチェックマークが緑色に変わる
以上がiTunesにCDから音楽を取り込み方法です。
パソコンの使用環境によってはCDをパソコンに入れると自動でiTunesが立ち上がり、
曲の読み込みが開始されるようです。

以前に購入した曲をもう一度ダウンロードしたい場合


以前に購入した曲を再ダウンロードしたい場合の手順を紹介していきます。

手順その1:「アカウント」メニューから「購入した項目」を選んでクリック

手順その2:楽曲が表示され、右上の「ダウンロードマーク」をクリック

手順その3:ダウンロード開始

購入した楽曲の非表示の仕方・再度表示の仕方


購入した楽曲の非表示の仕方は以下の通りになります。

手順その1:アカウントメニューから「購入した項目」をクリック

手順その2:楽曲のサムネイルにマウスポインタを置く

手順その3:「×バーク」をクリックすると非表示される

また、非表示にしたものを再度表示させたい時は以下の通りにすると表示されます。

手順その1:アカウントメニューから「マイアカウントを表示」をクリック

手順その2:Apple IDとパスワードを入力

手順その3:iTunes in the Cloudの「現在表示中の再ダウンロード可能な
購入アイテムを再表示」の横にある「管理」をクリック

手順その4:再表示させたい楽曲のサムネイルの下にある「表示する」をクリック

iTunesをアンインストールする方法とは


最新のiTunesをインストールする時に、稀ではありますが以前の
バージョンのiTunesをアンインストールしなければならない場合があります。
その時のアンインストール方法を紹介していきます。また、
この方法は購入した楽曲が消える心配はありません。

手順その1:「コントロールパネル」をクリック(分からない場合はパソコン内検索をかける)

手順その2:「プログラムのアンインストール」をクリック

手順その3:以下の項目を1からの順番でクリックし「アンインストール」をクリック

1.iTunes
2.Apple Software Update
3.Apple Mobile Device Support
4.Bonjour
5.Apple Application Support (32 ビット)
6.Apple Application Support (64 ビット)
手順その4:「はい」をクリックするとアンインストールが開始

iTunesを使うならMacパソコンが便利


iPhoneユーザーの方でパソコンを購入するなら、Macのパソコンをオススメします。
なぜならiTunesを最初からインストールする必要もありませんし、
iPhoneとの連携がスムーズにできるからです。なんと、
Macでダウンロードした曲をそのままiPhoneでも再生が可能になるように、
何もしなくても同期をしてくれます。これはとても便利ですよね。
Macパソコンの標準装備のスピーカーも広がりのある音が体験できるので、
購入した曲を楽しむことができます。ぜひ参考にしてみてくださいね。




商品一覧

商品詳細