融資の新しい形ジェイスコアって?

AIを活用したジェイスコア


最近、話題となっているAI(人工知能)。身近なところですとiPhoneのSiriがそうですね。
そんなAIを日本で初めて活用したサービスの「J.Score(ジェイスコア)」。
電車のつり革広告などで目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
とは言ってもAI?どんなサービスなんだろう、あまりピンと来ませんよね。
そこで今回はそんな気になるジェイスコアについてまとめてみました。

日本で初めての試み!FinTechサービス「AIスコア・レンディング」


FinTechのAIスコア・レンディングサービスであるジェイスコアが提供されたのは
2017年の9月25日と以外と最近。生まれたばかりのサービスなのですね。
ジェイスコアがどんなものかを見て行く前にまずは「レンディング」や
「FinTec」などのあまり聞きなれないワードを簡単にご説明しますね。

その1:レンディングって何?
もしかしたら、「ソーシャルレンディング」という言葉を耳にしたことが
ある方もいらっしゃるかもしれません。このソーシャルレンディングとは、
インターネットを使って「お金を借りたい人」、「お金を貸したい・投資したい人」であったり、
企業を結びつけてくれるサービスのことを言います。
いわゆる仲介の役割を果たしているのがソーシャルレンディングなのですね。
インターネット上でやり取りが完結するため、低コストで効率的であるということから話題になっています。

その2:FinTech(フィンテック)って何?
このFinTechという言葉、ちょくちょく耳にする機会もあるかもしれません。
FinTechは、金融「Finance(ファイナンス)」と技術「Technology(テクノロジー)」を
組み合わせて出来たいわゆる造語です。
このフィンテックによってスマホ決済や、送金といったサービスが利用できるようなります。
昨年から話題となっているビットコインなどの「ブロックチェーン」と呼ばれる技術も
フィンテックが使われています。そう考えると案外身近な技術なのですね。

その3:運営している会社は?
運営している会社は「株式会社J.Score(ジェイスコア)」です。
ジェイスコアは「株式会社みずほ銀行」と「ソフトバンク株式会社」が2016年11月1日に設立した合弁会社です。
どちらも名が通っている超大手企業なので、サービスを利用する際も安心感がありますね。



AIスコア・レンディングとはどんなサービス?


それでは早速気になるAIスコア・レンディングをご紹介していきたいと思います。
この記事を読んでいる方の中にもローンを組んだり、はたまたクレジットカードを
お持ちの方もいらっしゃると思います。
用意ったいわゆる融資を受ける際、重要なのが「信頼性」です。
クレカやローンの審査では信頼性を見ているのですが、その信頼性をAIによってスコア化し、
適正な融資条件が提示されるのがこのAIスコア・レンディングという仕組み。
AIによって、年齢や年収、勤務先といった情報はもちろんですが、
性格や好み、ライフスタイルといった個人的な情報も分析できるようです。
このスコアを元に、適正な融資条件が提示されるのです。
AIスコアの算出自体はメンバー登録をすれば無料で利用することができます。
もちろん、スマホからもOKです。
ライフスタイルというものは日々変化するものですので、
スコア化したものがずっと自分に合っているとも限りません。
ライフスタイルが変化する度に登録情報を更新することで、あなたに合ったスコアを算出してもらうといいですね。
他のローンやクレジットカードの審査の際に参考までに活用してみるのも手かもしれません。

スコアレンディングの申し込み方法


そんなスコアレンディングですがきになるのはその申し込み方法。
「AIを使ってるし、申し込み方法も複雑なんじゃ・・・」と不安になる方もいるかもしれませんが、
実は以外と簡単なので安心してくださいね。
まずは、AIスコアを診断し、その後にスコアレンディングの申し込みが始まります。
その後に仮審査のメールが届くので、メールに従って必要書類を提出します。
本人確認書類や収入証明書などですね。
その後に本審査です。本審査に合格すると晴れて契約手続きができる
と言った流れになります。
収入証明書の提出はありますが、基本的にクレジットカードの審査と大体同じような感じなのですね。

スコアレンディング商品の概要


レンディング(貸付)利率(実質年率)は0.9%~12.0%
利用対象者は満20歳~70歳
契約極度額は10万円~1,000万円
融資額1000円以上
遅延損害金(年率)は12.0%

※AIスコアによって貸付利率・契約極度額が変わってきます。
融資する場合は担保や保証人が必要なことが多いですが、このスコアレンディングは不要なので、
個人で融資を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。



商品一覧

商品詳細